参考図書のカテゴリ記事一覧

本当に肌にいいものを使いたい。肌質改善は広告やイメージに惑わされないコスメ選びから

カテゴリ:参考図書

参考図書のカテゴリ記事一覧。本当に肌にいいものを使いたい。肌質改善は広告やイメージに惑わされないコスメ選びから

2016-07-06参考図書
薄着の季節。ぽっこり腹やふよふよ二の腕は、嫌でも目立ちます。そんな需要に応えてか、「痩せる」系のサプリ広告がにぎやか。相変わらず、「酵素ダイエット」も多いなぁ・・・⇒ 酵素で痩せる?よく分からないダイエットでも・・・それ、大丈夫?ちょっと前の本ですが、あれこれサプリを試す前に、ぜひ一度読んでおきたい本がこれ。【送料無料】そのサプリ、危険です! [ 柴田丞 ]まぁ、内容自体は一度読めば終わりの深みですが「...

記事を読む

2016-02-28参考図書
初心者向けで、思ったより分かりやすい。化粧品成分検定公式テキスト全成分表示の基本的な決まり、読み解き方から説明してくれます。成分ごとの具体的な説明では、写真つき。なかなかお目にかかれない、混ぜる前の原料。「保湿」「収れん」などの文字だけよりイメージしやすい。植物エキスについては、効能が一覧に!漠然とした知識しかなかったものが、具体的につかめるようになりました。資格試験云々は別にして、化粧品の中身に...

記事を読む

2015-09-26参考図書
「肌に優しい化粧品はどれ?」「敏感肌でも合う物は?」「ニキビが治る物を教えてください」「一番いい物はどれですか?」こんなブログでも、質問をしてくださる方がいらっしゃいます。本当にありがたいことです。でも・・・ごめんなさい。どれが「いい」というのは、私の価値でしか判断できません。質問者さんの肌に合った物を探すのは、どうやっても無理。ましてや、「ニキビが治る」「シワが消える」などということは、化粧品に...

記事を読む

そのサプリ、危険です

着の季節。

ぽっこり腹やふよふよ二の腕は、嫌でも目立ちます。

そんな需要に応えてか、「痩せる」系のサプリ広告がにぎやか。

相変わらず、「酵素ダイエット」も多いなぁ・・・
酵素で痩せる?よく分からないダイエット


でも・・・

それ、大丈夫?

ちょっと前の本ですが、あれこれサプリを試す前に、ぜひ一度読んでおきたい本がこれ。

そのサプリ危険
【送料無料】そのサプリ、危険です! [ 柴田丞 ]

まぁ、内容自体は一度読めば終わりの深みですが

「ニセモノ」の内容が分かるかと思いきや、違法な広告表示による判断のみ。
成分については、成分表示から添加物の量を見極める程度にとどまっています。

ある程度の知識はネットでも得られる時代ですし、わざわざ買う必要も無いかもしれません。

でも!
昨今のサプリブームに警鐘を鳴らすという意味では、このテの本は有効かもしれません


余計な物を含んでいるサプリ。

甘味料、着色料でごまかし、肝心の成分は、後から加えただけ。
食物繊維や酵素・・・・
特定成分を取り出して混ぜた物に、どれだけの栄養があるでしょう?

色々なメーカーからサプリが登場しているのは、「高くても売れる」商品だから。
1円単位で食費を削る主婦も、サプリには高額な金額を出してしまいます。

もちろん、食生活を補うために、サプリは必要な物だと思います。
私自身もいくつか愛用しています。

でも・・・・

「酵素」「青汁」と言っても、含まれる原料はさまざま。
ジュースに近い酵素ドリンク、調味された青汁も多いです。


広告の謳い文句だけでなく、きちんと原料を見ること。
忘れないようにしたいと思います。




参考記事
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
コラーゲンよりも女に必要な栄養素
100%無添加のブルーベリー発酵酢。他で同じ物が見つかりません



 カテゴリ
 タグ
None

化粧品の中身を知るきっかけに

心者向けで、思ったより分かりやすい。

化粧品検定テキスト1
化粧品成分検定公式テキスト

全成分表示の基本的な決まり、読み解き方から説明してくれます。

成分ごとの具体的な説明では、写真つき。

化粧品検定テキスト2

なかなかお目にかかれない、混ぜる前の原料。
「保湿」「収れん」などの文字だけよりイメージしやすい。


植物エキスについては、効能が一覧に!

化粧品検定テキスト3

漠然とした知識しかなかったものが、具体的につかめるようになりました。


資格試験云々は別にして、化粧品の中身について知るにはとてもいい本だと思います

何故、石鹸が「安全」と言われるのか。
天然成分でも危険な物はある、とか。

偏見や思い込みでなく、「知識」として書き連ねている。
特定ブランドへの誘導が無いのもいい点です。


資格試験となるとこれを記憶しなくてはいけないので・・・・
そこはハードなんですけどネ。

手元に置いて、手持ちの化粧品をチェックするのにもよさそうです。



腕試しに、Web検定はいかが?
化粧品成分検定3級は無料で受験できます




参考記事
自分で調べて採点できる「化粧品毒性判定事典」
カミツレのハーブ効能



 カテゴリ
 タグ
None

自分で調べて採点できる「化粧品毒性判定事典」

「肌に優しい化粧品はどれ?」

「敏感肌でも合う物は?」

「ニキビが治る物を教えてください」

「一番いい物はどれですか?」

こんなブログでも、質問をしてくださる方がいらっしゃいます。
本当にありがたいことです。


でも・・・

ごめんなさい。

どれが「いい」というのは、私の価値でしか判断できません。
質問者さんの肌に合った物を探すのは、どうやっても無理。

ましてや、「ニキビが治る」「シワが消える」などということは、化粧品にそんな効果を期待すること自体間違っています

そもそも、私自身の1番という価値も、肌状態や季節、お財布事情で折々変わります。
自分の肌状態を知り、足りない物を補う。


だからこそ、私が質問をいただいた時にオススメしているのが、小沢王春センセイの本。

成分辞典
自分で調べて採点できる「化粧品毒性判定事典」 東京美容科学研究所 小澤王春 著

ちょっとお高いですが、アマゾンなら中古本を少しお安く購入できるようです。

amazon 自分で調べて採点できる「化粧品毒性判定事典」



初版からけっこう経っており、新しい成分は載っていないのですが・・・
基本はほぼ変わらない。

化粧品の全成分表示に載っているのは、意味不明のカタカナが多いでしょう?
その成分名ごとに、何の成分(油剤・防腐剤等)かということと、危険度が表示されております。

似た様な名前でも、全く違う働きの成分は多い。
例えば、「ラウリン酸」は単なる油分ですが、「ラウリン酸PEG-2」は合成界面活性剤。
危険度は一気に2評価になるわけです。

成分事典2


化粧品に興味を持ち始めてから色々な本を読みましたが、この本は今でも利用しているバイブル本。
成分名は多すぎて覚えきれませんから

新しいコスメを使う際には、必ず全成分をこの本でチェックし、納得できた物だけを紹介しております


もちろん、合成界面活性剤がすべて悪いとは思いません。
(小沢先生の判定は厳しすぎて、まともに受け取ったら、使える物はほとんど無くなってしまいます)

大事なのは、中身を知ること。

潤いが欲しければ、油分の多い物を。
さっぱりがよければ、エキスが豊富な物を。

中身を知れば、おのずと選ぶ商品は限られてくると思います。



参考記事
「Coyori 美容液オイル」使わなかった理由
勝手にランキング1~洗顔石鹸~


 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © ブログで楽しい毎日を♪ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます