スキンケアの誤解のカテゴリ記事一覧

本当に肌にいいものを使いたい。肌質改善は広告やイメージに惑わされないコスメ選びから

カテゴリ:スキンケアの誤解

スキンケアの誤解のカテゴリ記事一覧。本当に肌にいいものを使いたい。肌質改善は広告やイメージに惑わされないコスメ選びから

2016-06-05スキンケアの誤解
化粧品成分検定1級の試験に向けて、勉強中!⇒ 腕試しにいかが?「化粧品成分検定」3級は無料で受験できます今月26日に実施されるので、いよいよ迫ってきました。・・・と言いつつも。40歳を過ぎた頭に記憶をさせるのは、けっこうしんどい。学生の頃は1度で覚えられたことが、なかなか覚えられません泣き言はともかく。今日は、誤解の多い化粧品成分についての話です。「全成分をチェックしよう!」と、常日頃書いているのですが、...

記事を読む

No Image

2015-05-24スキンケアの誤解
いつぞやの「やらせ」問題もなんのその、健康&美容ブームは衰えません。テレビで紹介されれば、すぐに売り切れ。今は「えごま」が品薄だと聞きます。でもね。何でも、「摂りすぎ」は絶対にNG。油の取りすぎはカロリー過多になります。ココナッツオイルだってそう。ちょっと前に話題になった「くるみ」も高カロリーです。キウイやりんご・・・・これまた話題にのぼったことのある果物も、見た目以上の糖分あり。酵素やビタミンを摂...

記事を読む

2015-05-08スキンケアの誤解
紫外線対策に真逆の効果があると思うのが、ピーリングすっきりしたいこの時期、広告をよく見るのですが・・・肌を守るべき大切な皮脂バリアを根こそぎお年てしまう可能性大そもそも、ピーリングをしても、あまり肌質そのものは変わらなかった経験があります。ネットで化粧品を買い始めた頃、とあるピーリングのサンプルが気に入って、何度かリピ。ぽろぽろと落ちる角質(?)がおもしろくて、毎日のように使用。トライアルマニアの...

記事を読む

<誤解の多い化粧品成分>BGって何?

粧品成分検定1級の試験に向けて、勉強中!
腕試しにいかが?「化粧品成分検定」3級は無料で受験できます

今月26日に実施されるので、いよいよ迫ってきました。

・・・と言いつつも。

40歳を過ぎた頭に記憶をさせるのは、けっこうしんどい。
学生の頃は1度で覚えられたことが、なかなか覚えられません


泣き言はともかく。

今日は、誤解の多い化粧品成分についての話です。

「全成分をチェックしよう!」
と、常日頃書いているのですが、実際にチェックをしてみて、どれがマズイ成分なのか迷うことはありませんか?

植物エキスは分かりやすいですね。
それがたくさん入ったコスメは、なんだかよさそうに見えます。

でも、植物エキスは1%以下の割合であることがほとんど。
少量で効果を発揮するので、それはそれで問題はないのですが。


実のところ、化粧品のほとんどは最初の3つくらいで占められています。

ちふれが割合まで表示しているのは、そんなことに配慮して。
ちふれの挑戦「配合割合表示」を評価したい。

私がフルフリさんを愛用するのも、中身が見えるからです。
中身が見えるオーガニック「手作りコスメ調合室 フルフリフリフラ]


全成分の最初の方に表示されているのが、「基剤」となるベース成分。

その中で最も一般的なのが、「水」でしょう。
「水商売」と揶揄されるほど、大部分を占める化粧品が多いです。

他に、「グリセリン」や「BG」などもよく見かけます。

グリセリンは保湿成分として、比較的有名かな?
植物由来で保湿成分が高いので、オーガニックコスメにもよく使われています。

悩ましいのが「BG」

名前だけ見ると・・・思いっきり科学的で・・・なんだか悪者のような気がしません??

「BG」は、「ブチレングリコール」の略称で化学成分的には多価アルコールに分類されます。

原料は石油からも植物からも作られますが、性質は一緒ですから、まぁ、どちらが由来かまでこだわることにあまり意味がないでしょう。
合成されて作られる成分ですので、天然由来でもケミカル成分であることは確かです。

保湿だけでなく、油性成分の溶解や防腐にも効果があり、化粧品を安定させる役割も。


「いい」か「悪い」かという判断は難しいのですが・・・
まぁ、そう目くじらを立てる成分ではないでしょうか。

小沢先生の成分事典では、危険度は△
自分で調べて採点できる「化粧品毒性判定事典」

ベース成分として全成分の上位に表示されているなら、敏感肌の方は注意が必要

もちろん、BGを絶対に避けなくてはいけないわけではありません。
植物エキスを抽出する「溶媒」として使用されることもあります。

実際、フルフリさんの植物エキスにも「BG」の表示があります。

フルフリ調合3
フルフリ 植物エキス

フルフリ 素材辞典

植物エキスを作るのに、溶剤はどうしても必要なこと。

ましてや、全成分表示の後半に出てくるのなら、割合は1%以下。
この程度なら、こだわる必要はほとんど無いと思います。


化粧品成分でよく見かける成分について、少しでもお役に立てれば幸いです。



参考記事
乾燥を加速する「水ぶくれスキンケア」



 カテゴリ
 タグ
None

○○がいい!で、飛びつくのはいいけれど。

つぞやの「やらせ」問題もなんのその、健康&美容ブームは衰えません。

テレビで紹介されれば、すぐに売り切れ。
今は「えごま」が品薄だと聞きます。

でもね。

何でも、「摂りすぎ」は絶対にNG。

油の取りすぎはカロリー過多になります。
ココナッツオイルだってそう。

ちょっと前に話題になった「くるみ」も高カロリーです。

キウイやりんご・・・・
これまた話題にのぼったことのある果物も、見た目以上の糖分あり。
酵素やビタミンを摂取できるのはいいんですけどネ。

楽天セール本で、こんな本を見かけました。
極端な意見ですが、内容には納得。

電子本なら安い♪

フルーツをやめれば、健康になる 誰もいわなかった肥満と健康の新常識


「○○という成分が有効」という言葉の影にある、カロリー過多にはくれぐれもご注意を

炭水化物オフも、全く食べないのはかえって体の負担に。
運動のやりすぎもよくありません。
(心配するほど続きませんが


何ごとも「ほどほど」が大事です。



参考記事
100%無添加♪ビルベリー発酵の果実酢で体内ケア
実は一番人気♪低価格のフルフリ ミネラルファンデ









 カテゴリ
 タグ
None

紫外線対策にNGなスキンケア

外線対策に真逆の効果があると思うのが、ピーリング

すっきりしたいこの時期、広告をよく見るのですが・・・
肌を守るべき大切な皮脂バリアを根こそぎお年てしまう可能性大


そもそも、ピーリングをしても、あまり肌質そのものは変わらなかった経験があります。

ネットで化粧品を買い始めた頃、とあるピーリングのサンプルが気に入って、何度かリピ。

ぽろぽろと落ちる角質(?)がおもしろくて、毎日のように使用。
トライアルマニアの私が現品を買ったのですから、かなり気に入ってたのだと思います。

でも・・・

結果的に、肌がきれいになったかといえば・・・・

答えはNOです。


毎日くるくるマッサージをしても、毎日角質が出てくる。
私の肌はそんなに汚れているのかと思い、さらに続ける。

それでも角質はいっこうに減りませんでした。

さらに、悩んでいたニキビも変わらず出現。

何がよくなったかと考えても、肌状態は一向に変わらなかったわけです。


今にして思えば、必要な物まで落としていたのでしょう。

一時的なスッキリ感と引き換えに、肌表面の大事なバリアまで落としてしまう。

肌年齢を加速させるケアをしていたわけです。


ウソのようですが、オイルで保湿をするようになってから、ピーリングを使う前よりも肌質がなめらかになりました

ベタつく季節もしっかり保湿。
「フルーティア オーガニックス ザ・セラム」は紫外線のダメージケアもできるので、通年で愛用中♪

フルフリセラム
フルーティア オーガニックス ザ・セラム

テカテカ光っていたオイリー肌も改善。


もちろん、ピーリングだけが悪いわけじゃありません。
たまに使う程度なら、問題はないと思います。


気を付けたいのは、「落としすぎ」のケア。

パック、クレンジングも、「落とす」という部分で過剰に使いがち。

すっきりケア商品の広告が多くなる時期ですが、一時的な使用感で使い続けるのは避けて欲しいと思います



参考記事
天然素材でバツグンのくすみ抜け!ウド石鹸
99.3%が有機栽培。ローズヒップ&月桃オイル
天然クレイ+オーガニック植物のパック「オラクル」
過剰なケアに疑問を感じたら。美容断食で肌力を整える「Koo」


 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © ブログで楽しい毎日を♪ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます