介するネタも無くなってきたので、今日は具体的な成分の紹介を。

「避けたい成分」ということで何度も記事にしている、シリコン系合成ポリマーや合成界面活性剤。
1つ1つ成分辞典で調べればいいのですが、それは大変な作業ですよね。

よく使われている成分で見分けが簡単なものをあげてみますので、お手元のローションや美容液の成分チェックに役立ててください

・ジメチコン    合成ポリマー。美白系のコスメでよく見かけます。

・メチコン     合成ポリマー

・シクロメチコン  合成ポリマー

・カルボマー    合成ポリマー

・PEG-XX~    XXは数字が入り、その後に色々な名前がつきます。合成ポリマー、合成界面活性剤。

・PPG-XX~    XXは数字が入り、その後に色々な名前がつきます。合成ポリマー、合成界面活性剤。

・ポリ~      ポリの後に色々な名前がつきます。合成ポリマー、合成界面活性剤。 



くれぐれも・・・
これらの成分が使われているからといって、即、悪いコスメだとは思いません。
国で使用を認可された成分ですし、効果を出すため&品質を保持するために使われているわけです。

注意したいのは、配合量。
成分表示の上位に来ていたり、何種類も入っていたり・・・
そういうコスメを避けたいわけです。

これらは合ポリや合界の一例です。
植物素材っぽい名前の合界もあるので、きちんと調べたいなら、やっぱり成分辞典が必要かもしれません。



参考記事  合界&合ポリ不使用美容液
⇒ リペアジェル

 カテゴリ
 タグ
None