激な気温上昇で、半そででもOKなほど

紫外線対策も本気モードです!


さてさて。
無添加コスメ愛用者としては、他にも必要なことが。

それは・・・

化粧品の品質管理デス。

防腐剤不使用の商品を愛用しているわけですから、それはもう、気をつけないと

冷蔵庫保管はあたりまえ。
開封後はすみやかに使い切る。

子供達も一緒に使っているので、出しっぱなしにしていたら、鬼のように怒りますよ~

安くはないんですから


そうは言っても・・・

一度だけ、ローションを腐らせてしまったことがありました。

モニターに参加したせいで、手元のコスメを使いきれなかったんです。
少しくらい大丈夫かと思ったのですが、甘くはありませんね。

「おり」が出て、ニオイも変。
そうなってはどうしようもありません。
泣く泣く処分しました。
丹精込めて植物を育てた生産者の方や、メーカーさんにも、大変申し訳ないことをしたと思っています


でも!
よく考えてみると、コスメを腐らせたのは、それが初めて。

化粧品の品質保持期限は、一般的に未開封で2年と言われていますが、それ以上でもけっこう平気じゃないですか?
放置しても平気だから、腐った化粧品なんて、見たこともなかったんですよね・・・

まぁ、それだけ防腐剤が使われているってことなんですけれど。

普通の水道水だって、真夏には汲み置きができません。
何故、化粧品は腐らなくても変に思わなかったのでしょう


「腐らないコスメ」に疑問をもってしまうと、なかなか、それを使う気にはなれません。

品質管理は面倒だけれど。
まとめ買いもできないけれど。

やっぱり「完全無添加化粧水」を使っていきたいと思っています。


手作り無添加化粧水 フルフリ




参考記事
紫根とローズのうるおい唇へ。ブルークレールオーガニックバーム



 カテゴリ
 タグ
None