速に強まる紫外線。

春に紫外線が強くなることは広く知られるようになってきて、UV対策商の広告を多く見るようになりました。
店頭でも目立つ所に置かれていますネ。

友人から、こんな質問がありました。

「肌に負担がかからない日焼止めを選ぶには、どうしたらいい?」

日焼止めで肌の調子を崩した経験を持つ方は多いと思います。
私もその一人。
日焼止めを使えばニキビができたので、あまり使用しなかったほど・・・

いや、今にして思えば、それはサイアクなのですが


今日は、何度か書いてきた日焼止めに関する基礎知識のおさらい


日焼止め成分としては、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」
この2つの特徴は?

 紫外線吸収剤
・安価
・伸びがいい
・効果が高い
・化学反応で紫外線を熱に変えるため、肌への負担が大きい

 紫外線散乱剤
・アレルギーをおこしにくい
・塗った時に、白っぽくなってしまう
・物理的に紫外線を反射させるので、肌への負担が少ない

上記の方は、肌の上で化学反応を起こしてたんだ・・・
そう考えるとちょっとコワイですね

成分を見ただけではなかなか区別がつかないと思いますが、最近はネットで検索をすれば、大抵の情報が見られると思いますので、ぜひチェックしてみてください。
商品の中には、「紫外線吸収剤不使用」とわざわざ明記した物もあります。

本当は、こういう成分辞典があると便利♪

成分辞典
【送料無料】自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典 [ 小沢王春 ]


自分の肌に使うものですから、どんな成分でできているか、自分できちんと把握するべき。
「肌によさそう」というイメージだけで選ぶのは、いい加減終了したいですネ。


さてさて。

明日は、日焼止めを選ぶ際に参考にする、SPF値の話をしたいと思います

日焼止めの基礎知識2<SPFとPA>
日焼止めの基礎知識3<効果のある使い方>
日焼止めの基礎知識4<成分で見る商品例>



参考記事
青汁に負けないスーパーハーブ「モリンガ」
99%ではダメなんです。完全遮光日傘、早めの用意を♪
<スキンケアのお勉強>毛穴気になりませんか




 カテゴリ
 タグ
None