んちゃっても多いオーガニックコスメ。

表示に関する決まりはなく、オーガニック成分がほんの数滴・・・いえ、極端に言えば、全く入っていなくても表示できてしまう。

肌に優しいと信じて購入したものが、一般的な化粧品と大差なかったりすることは、実際によくある話です。


そこで、消費者が商品を選ぶ基準として参考になるのが「認証制度」

「ECOCERT」「COSMEBIO」「BDIH」「USDA」

などは、目にしたことがある方も多いと思います。


これらの基準は、海外の認証制度。

日本には、信頼性の高いオーガニック認証制度が無かったため、国産コスメでも海外の認証制度を取得していました。
(⇒ 月桃オーガニックの魅力1<エコサート認定>


消費者が選ぶ目安として、大いに役だっているのは確か。
オーガニック好きな私は、「ECOCERT認定!」などと書かれると、いやでも目に入ります。


でも、あくまでも海外の基準。
欧州は水質が硬水のため、合成界面活性剤を多用しがち。
原料がオーガニックであればOKになってしまいます。

生活習慣の違いによる影響もあるので、これは仕方のないことかもしれません。


環境と肌への優しさにこだわった、ホンモノの化粧品の選定を

そんな思いから、国内の基準作りに向けた取り組みが行われてきました。

今回始まった「JONA」という制度は、日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会という、元々有機食品の認証制度を担ってきた団体。

大まかなコスメ基準として

・有機原料割合95%以上(水、加工助剤を除く)
・油由来原料、合成着色料、合成香料などを認めない


などがあります。


基準のためのコスメ作りではなく、いい物を選んで認定する・・・
そんなあたりまえの制度として広く標準化されることを期待します。

国内の統一基準として、広まっていくことを期待します。

そんな「JONA」認証コスメの第一弾として認定されたのが、月桃ローション♪

月香物がたり10
<JONAオーガニックコスメ認証化粧水>月香物がたり


・・・・と言っても、中身が変わったわけではありません。

変わったのは、認証マークがついた箱だけ

月香物がたり11

月桃100%のローション。
元々素晴らしい商品でした

ほんのり甘い香りと、ひきしめ効果。沖縄植物のもつ抗酸化力だって期待できてしまうスグレモノ。
月桃だけなのに、ローションとして十分すぎる効果を実感できます


ここで注意してほしいのは、「オーガニック=万能」ではないということ

使った後、潤いが足りないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

確かに、「化粧水」ですから、ある程度の年齢肌には美容液や美容オイル等も必要になります。

また、今まで普通の化粧品を使ってきた方ならば、「肌がしぼんだ」と感じてしまうかも?

いわゆる水ぶくれスキンケアというものですが・・・・
(⇒ 水ぶくれスキンケアでいいんですか?


化粧品に求める効果は千差万別。
シワとり、シミ消し効果を求めるなら、そういった機能に特化した化粧品を選ぶべきでしょう。


「JONA」認証の目的は、あくまでも「ごまかしの無い化粧品」を消費者が選ぶための手助け。

まだまだ始まったばかりですが、今後の広まりに期待したい。
肌に安全な物を選びたいと思う方に、ぜひ知ってほしい制度です












参考記事
エコサート認定「フルーティア オーガニックス ザ・セラム」
99.3%が有機栽培。ローズヒップ&月桃オイル
ヒーリングローション全成分&使用感
きれいを実感「HANAオーガニック ムーンライトミルク」


 カテゴリ
 タグ
None