が家には二人の娘がいます。

顏はなんとな~く似ているのですが、好みも性格もまったく似ていません。
どこかのほほんとしているお姉ちゃんに対し、ちゃっかり者の妹。
お姉ちゃんはいつも損な役割まわりです


そんな二人は、食べ物の好みも全く対象的。
チョコ&コーヒー大好きで、味付けも濃い目の妹(パパ似)。
それに対し、お姉ちゃんはお茶や果物、刺身が大好物。
好みが違うものですから、同じものをおやつに出しても、いつの間にかお互いに好きな物と交換してしまいます。

すると・・・
例えば、みかんとチョコをおやつに出したとしても、お姉ちゃんはみかんだけ、妹はチョコだけ、という結果になりますよね


そんな食べ物の好みは、肌質の違いとなってテキメンに現れているから驚きます

すべすべ&モチモチのお姉ちゃんは、本当に気持ちのいい肌。
ツヤ感もあって、吸いつくような肌触り。
理想の肌質って、こういうものを言うんじゃないかな?

下の娘っちも、洗顔や保湿を頑張っており、肌そのものは悪くないんです。

でも・・・
どんなに頑張っても、毎日の「食べ物」にはかなわないのでしょう。

二人の娘を見比べると、そんな基本的なことを改めて実感してしまいます。


自分のニキビ全盛時代を振り返ると・・・

毎日アイスを食べていた学生時代。
社会人なりたてのコンビニ通いも、中毒に近いものがありました

今更、納得しても遅いのですが。


体を作るのは、自分の食べたもの。
キレイを目指すなら、毎日の食生活が一番大事です。



参考記事
酵素摂取ならローフードを心がけて
季節に合わせて選びたいハーブ水
体内から冷えとり♪混ぜ物ナシの生姜ドリンク
無料でお試し♪万田酵素プラス温

 カテゴリ
 タグ
None