い化粧品を探す前に知っておきたい基礎知識。

<スキンケアの基礎知識1>化粧品を選ぶ前に
<スキンケアの基礎知識2>化粧品の成分について


化粧品の成分について調べてみると、オーガニック、無添加といった化粧品にたどりつきます。

でも・・・

こういった言葉も、非常に曖昧。
日本には法的規制が無く、民間認証制度も、あまり幅広い物がありません。

極端に言えば、有機栽培された植物がちょこっと入っているだけでも「オーガニク」表示できてしまいます


ここで1つの判断基準となるのが、ECOCERTやCOSMETIC BIOなどの海外認証制度。

それぞれに基準の違いはありますが、一定の基準を満たした商品は、認証マークを使用できます。
見ただけでは分からない品質の違いをマークで判断できるのは、消費者にとって、とてもありがたいことですね!


ところが・・・・

どうも、基準があればいいということでもないようです

「植物素材○○%以上、オーガニック素材○○%以上」といった厳しい基準があるのですが、逆に考えると、100%じゃなくてもいいということ。
つまり・・・
数%の合成物はOKになってしまうんです。

もう1つ気をつけたいことが、植物原料のアルコールや合成界面活性剤も「オーガニック素材」に含まれてしまう点。

水質と生活習慣の違いでしょうか、実際、海外コスメには植物素材の合成界面活性剤を含むものが多いように感じます。


もちろん、それが「悪い」というわけではありませんが。


こういった基準に対する矛盾と、認定取得費用を考慮して、国産オーガニックの中にはあえて認証を取得していないものもあります。

そういったオーガニックとして、フルフリさんやネオナチュラル、華密恋などを個人的に愛用していますが、もちろん、それだけではないと思います。


認証マークだけに頼らず、ホンモノを見つけられれば理想的ですね。



さてさて。

理想のコスメを見つけたらから大丈夫??

いえいえ。

肝心なのは、使い方。
お手入れすればそれでいいというわけではありません。


明日は、乾燥スパイラルのお話をしたいと思います。



参考記事
オーガニックイベントで知った、生産者の苦労
ECOCERT基準は緩い!?JONAオーガニックコスメ認証化粧水
戻ってくるのはやっぱりここ!完全無添加化粧水





 カテゴリ
 タグ
None