キビが落ちつけば、シワやたるみが気になってきます。

慌てて顏筋トレ。
即効性がある分、サボりもすぐに出るからコワイ 
(⇒ メイクで隠せない口元対策!「若返り あごトレ」

そこが改善すれば、今度はくすみが・・・・
アラ探しはキリがありません

くすみぬけ改善策として有効なのは、パック。
オラクルのパックは、見た目で実感できます。


でも・・・

本当に「透明な肌」を見ると、やっぱり違う。

あ、もちろん私の肌じゃありません。

それは、我が家の上の娘っち。

若さ
いえいえ、下の娘っちと比べてもその差は歴然。

元々肌質がいいのもあるのですが・・・

一番の違いは食べ物!

野菜を主食にし、甘い物を我慢。
ケーキを食べる母や妹を尻目に、「イラナイ」と部屋に行ってしまいます。

受験終了後、そんな食生活をストイックなまでに徹底してからの肌は、まさしく「透明肌」
肌糖化?砂糖の常習性に思いっきり負けてます
食べ物の好みによる肌質の違い


愛用しているローズ系の化粧品に美白効果があるのは確かだと思います。
「HANA organic」ローションも合わせてリピ中
ガミラシークレット フェイスオイル ワイルドローズ


でも、基礎化粧品の果たす役割は、ほんの少し。

体を作るのは食べ物。
ハハも見習わなくてはいけません。


 カテゴリ
 タグ
None