焼け止めを色々と紹介していますが、「どれがどういいのか分かりにくい」というご質問をいただきましたので、特徴をまとめてみました。

UV対策商品を選ぶのに役立てればうれしいです


市販の日焼け止め

シリコン系合成ポリマー、紫外線吸収剤をベースにしたタイプ。
使用感をよくするために合成界面活性剤、日持ちさせるために防腐剤が使われています。
一般的な「日焼け止め」は、このタイプ。

良い点               悪い点
・値段が安い             ・肌に負担がかかる
・崩れにくく、効果が高い      ・落とすためにクレンジングが必要

商品例
一般的に売られている商品。
「ベビー用」「ノンケミカル」となっている物でも、このタイプが多いです。



ノンシリコン、紫外線吸収剤不使用

特に肌に負担がかかるシリコン剤や紫外線吸収剤を使わないタイプ。

良い点                悪い点
・肌への負担が比較的少ない      ・合成界面活性剤、防腐剤、ナノ技術等は使われている
・値段が比較的安い            ・皮脂や汗に弱い
・使用感がよい

商品例
ママバター UVケアクリーム



ミネラルパウダー

UVカット効果のあるミネラルパウダータイプ

良い点                   悪い点
・安全性が高く、肌への負担が少ない   ・パウダータイプのため、効果に不安
・石鹸で落とせる                 (戸外では日焼け止めと併用)
・値段が比較的安い
・メイクと同時にできる

商品例
UVミネラルファンデ「花おしろい」ミネラルUVファンデ、 トゥヴェール
24hcosme



100%天然素材、防腐剤不使用

100%天然素材で成分良好。
使用感をよくするために、植物素材原料の合成界面活性剤やナノ技術は使われているタイプ

良い点                   悪い点
・安全性が高く、肌への負担が少ない   ・100%安全性を追求する方には不向き
・使用感がいい                 ・防腐剤不使用なため、使用期限あり
・石鹸で落とせる

商品例
ネオナチュラル「UVホワイトプロ」エコロジカルスキンケア サンスクリーン(フェイス)
HANAオーガニック ウェアルーUVミルク



ノンナノ、合成界面活性剤不使用の100%天然素材

オイルベースで安全性にこだわったタイプ

良い点                   悪い点
・非常に安全性が高い           ・白ウキ、テカリ感など、使用感に難あり
・皮脂崩れしにくく、効果が高い      ・防腐剤不使用なため、使用期限あり
・石鹸で落とせる               ・値段が少し高め

商品例
エコロジカルスキンケア サンスクリーン(ボディ、ベビー)無添加工房OKADA日焼止め
ソレオ オーガニックス ノンケミカル日焼け止め



安全性、スキンケア効果にも配慮

肌に負担がかかる成分は使わず、贅沢な美容成分も配合したタイプ。
なかなかありません。

良い点                   悪い点
・非常に安全性が高い           ・防腐剤不使用なため、使用期限あり
・白うきせず、使用感がいい        ・値段がかなり高め
・石鹸で落とせる              

商品例
ブルークレール UVラグジュアリーデイクリーム


それぞれの特徴を理解した上で、目的に合わせて選びたい。

くれぐれも・・・
「○○配合」というだけで値段が高い物は選ばないでほしい。
中には、美容液と混同させるような謳い文句の日焼け止めもあります。
ベースはシリコンなのに・・・よくそんな広告が出せるなぁ、と思います

日焼け止めは肌に負担がかかるもの。
帰宅後は早めに落とすことが基本です




参考記事
すぐれた抗酸化力 フルーティア オーガニックス ザ・セラム
一番優秀だと思う日焼け止め
99%ではダメなんです。100%紫外線カット完全遮光日傘


 カテゴリ
 タグ
None