ちごのような鼻・・・

と言えば響きはいいけれど、要はいちごのブツブツを言い表しているだけのこと。
小鼻の黒ずみは、その表現にぴったりです

読者さんからのコメントで、小鼻の黒ずみに関する相談をいただきました。

>本当に鏡を見るとがっかりと落ち込んでしまいます

この言葉、痛いほど分かります。
ニキビに悩んでいた10代は、私も鏡が嫌いでした。

でも。
最初にお断りしておくと、私は専門家ではありません。
本で仕入れた知識と、自分の経験、家族や友人の肌を見てきた観測。
それらを基にしたアドバイスですので、参考程度に考えていただければ幸いです。


小鼻の黒ずみの正体は?

見ての通り、汚れが詰まったもの。
皮脂が酸化して黒っぽく見えています。


原因は?

毛穴の開きが主な原因。
オイリー肌よりも、普通肌・乾燥肌の方に多いような気がします。
皮脂分泌が少ないため押し出されず、詰まりやすいのかもしれません。


対策は?

いわゆる、「毛穴パック」のように、外から無理に取るのは意味がありません。
オイルクレンジングで溶かして落とすのも、結果的には同じこと。
見た目だけのケアは、一時的なものにすぎないと理解しましょう。
それどころか、かえって毛穴を押し広げてしまう原因にも
毛穴ケアが毛穴開きの原因に・・・


では、具体的にどうしたらいい?

我が家の娘が中学生の時、小鼻の黒ずみに悩んだことがあります。
その時に実行したケアを紹介しています。
小鼻の黒ずみを解消する方法


その他の注意点

とにかく、<こすらない、いじらない、触らない>が大原則

○泡洗顔はきちんと行っても、すすぎは十分ですか?
  小鼻・顎の下、生え際など、洗いにくい部分は、すすぎも不十分になりがち。
  洗った泡が残っていないか、一度鏡を見てチェックしましょう

○汚れが落ちているか不安
  基礎化粧品、日焼止め、ミネラルファンデ等、「石鹸で落とせる素材」だけを使っているならば、
  多少汚れが残っていて問題はありません。
  ⇒ ぷるぷるゲルで毛穴が詰まった話

  肌は排出器官。ターンオーバーが正常ならば、汚れは外へ出て行きます。
  「きちんと落とさなくちゃいけない」という思い込みは捨ててみて。 
  どうしても気になるなら、その部分だけ石鹸での2度洗い、泥パックなどを。
  くれぐれも、洗いすぎ注意です。

○小鼻に保湿オイルを塗ってもいいか
  これはむしろ、やった方がいいと思います。
  手で触ると力が入ってしまうので、コットンに化粧水とオイルを含ませてパックをするのが理想的。
  固化している馬油やシア脂より、液体のオイルが向いているでしょう。

○メイクをする時に
  ファンデを塗る時、隠そうとして、塗り込んだりしてませんか?
  ブラシでサッサ、パフならパフパフ。
  「力を入れない」が基本です

○食生活
  酸化した油や砂糖は控えめに。
  食べ物は肌に直結します。
  スキンケアはあくまでも補助的役割にすぎません。


どんな肌トラブルにも言えることですが、一気に改善するものではありません。

アドバイスとしては物足りないかもしれませんが、私にはこれ以上のことは言えませんので・・・
参考にしていただければ幸いです。


参考記事
一番愛用している化粧水「ハンガリーウォーター」
オーガニック入浴スキンケア
栄養不足は女度不足。200種類の栄養素をもつ「サジー」

 


 カテゴリ
 タグ
None