焼け止めは必要悪。

つまり・・・
肌にいい物ではないけれど、もっと有害な紫外線から守るために必要なものだということ

「スキンケアする日焼け止め」のようなイメージで売られている商品には、いくらかの美容成分が配合されているだけ。
決して肌をきれいにしてくれるものではないと思います。
もし、肌をきれいにしてくれるなら、美容液として使ってもいいはずですが・・・そんなことをする人はいませんよね

日焼け止めは、肌を紫外線から守るための物。
使用後はできるだけ早く落とすことが基本だと思います。


それと、日焼け止めを塗る際、ついついこんなことをしていません

肌にのせて・・・

クリーム1

ぴー!

クリーム2

これもオススメしません

我が家の娘っちも、マッサージをするように塗りこんでいます。

「何で、そんなに一生懸命塗るの?」と聞けば、

「なんとなく・・・」との返事。

ついついやってしまうことですが、必要以上に肌をこするのは、絶対に
洗顔にも言える、スキンケアの基本中の基本です。


伸ばす時は、薬指でトントンと、軽くのせていきましょう


さらに、日焼け止めで気を付けたいことがもう1つ。

日焼け止めを選ぶ際、SPF値はどういった基準で選んでいますか?

むやみにSPF値の高い物を選んでも、かえって肌の負担になるだけ。
数値を基準に選ぶより、こまめに塗り直しをした方が効果的です。

そう・・・
塗り直し。

意外に、外出先に持ち歩かない方って多いみたいですね。
汗や皮脂に崩れてしまっては、日焼け止めは効果を発揮してくれません。


ちょっとしたことが、10年後の肌に大きな差をつけます。
日焼け止めは正しく使いましょう



参考記事
一番優秀だと思う日焼け止め
99%と100%の違いを実感。完全遮光日傘
半額で続ける、薄着前のぽっこり対策





 カテゴリ
 タグ
None