売以来、かなりのヒット商品。

今年も店舗でよく見る季節になりました。
きっちっり日焼け止めやしっかりメイクを使う時期ですからネ。

ウォッシャブルベース1
フルメーク ウォッシャブル ベース / コスメ 化粧品●セール中●★税抜1900円以上で送料無料★...

「お湯で落とせる化粧下地」は、メイクをする女性の救世主。

でも、実際はどうなの?

軽く実験してみましたので、参考程度に考えていただければ幸いです。


成分チェック

主成分は「ジメチコン」
以下に続く成分も含め、シリコン系の合成ポリマーがかなり多めです。
メイクや日焼け止め、美容液などにもよく使われており、特に目新しい成分ではありません。
(⇒ シリコン系の合成ポリマー


使用方法の確認

「フルメーク ウォッシャブル ベース」を塗り、その上にメイクを重ねます。
落とすときは、お湯で洗い流してから洗顔料を使用

お湯だけでいいと勘違いしている方は多いみたい

考え方としては、「顔にカバーをしてメイクを落としやすくする」アイテム。
毛穴の汚れや皮脂を落としてくれる物ではありません。
汚れを落とすためにきちんと洗顔はしてください、ということなのでしょう。


さてさて。
いよいよ使用開始。

わかりやすいように口紅(クレコス 石鹸だけで落ちるタイプ)を手の甲に塗ってみました。

左側だけ下地アリです

ウォッシャブルベース2


 お湯だけで落としてみます

下地アリ(左)の方は、お湯だけでほぼ落ちています。
広告はダテじゃありません♪

ウォッシャブルベース3


石鹸で洗いました

ウォッシャブルベース4


きれいにすっきり


ここで疑問に思ったのは、「フルメーク ウォッシャブル ベース」自体は落ちているか?という点

「フルメーク ウォッシャブル ベース」にチークファンデで色をつけてみました

ウォッシャブルベース5



肌に塗ります

ウォッシャブルベース6


お湯だけで洗い流します

ウォッシャブルベース7


これまたきれいにすっきり!

「肌を覆うカバー力」と「落ちやすさ」は広告通りの実力。
私は石鹸で落とせるタイプの化粧品しかもっていなかったのですが、もっと強力なメイクでもいけそう。
ウォータープルーフなどを使う場合にぴったりかもしれません


ただし、気になる点が1つ

石鹸で洗った後も、妙に手が「すべすべ」すること

すぐに石鹸で洗ったわけですから、手荒れが解消したとか、美容成分が浸透した、などという事はありません。
考えられるのは、色のつかない成分が肌に残っている・・・ということになると思います。
合成ポリマーを石鹸だけで落とすのは難しいので、当然と言えば当然でしょう。


「落ちた」という感覚には個人差があります。
見た目だけきれいになればOKともいう方もいるでしょう。
また、合成ポリマーは美容液にも使われてますから、「肌に残っても問題がない成分」とも言えるかもしれません。
(⇒ ぷるっぷるジェルの正体は?)


それを判断するのは、やっぱり自分自身です。
便利、売れている、などのイメージで使うのではなく、きちんと自分で商品の特性を知った上で使ってほしいと思います。







参考記事
沖縄が育むショウガ科のハーブ「月桃」のチカラ
「きれい」を実感。最高級オーガニックローズのスキンケア
実験しました!本当に「いい」オイルはどれ?



 カテゴリ
 タグ
None