UV対策商品を使えば、肌が紫外線に対して強くなる・・・・

そんな漠然とした考えはありませんか


我が家の娘っちも、そんな考えでした。
正直言うと、数年前までの私もそう思ってたんです。

だからこそ、日焼け止めをテキトーに塗って満足していたわけですネ。


でも!
そんな考えでは、何の対策にもなっていない。
それどころか、日焼け止めの強力成分でかえって肌荒れ。


日焼け止めは、紫外線を物理的にブロックするための存在と認識しましょう

肌を覆って守る。

<つまり、十分な「厚み」が必要なわけです。

日焼け止めの厚み?
ピンときませんが、フルフリさんの記事を読んでいただければ、数字で納得できるのではないでしょうか。
(業界のタブーを買いちゃってます

ミネラルファンデのUV効果、実際どうなの?


パウダー状の物は、肌への密着度が低いため、十分な効果は期待できない。

屋外に出るなら、クリーム状の日焼け止めは必要です。

そして、こまめな塗り直しが必要なのも当然。
汗で流れてしまったり、タオルでふき取ったり。
肌から無くなれば、当然効果はありません。


本当に紫外線を避けたいなら、日傘や帽子は必須

日傘をバカにする方はまだまだ多いけれど(特にオジサン!)・・・
浴びた紫外線は蓄積されるだけ。
メンドウくさい、ハズカシイ、邪魔、なんて言っていられません。


それでも・・・

一番大切な紫外線対策は、「自分の皮脂」を守ること

鼻にシミができないは、油分が多いから。
実際、オイリー肌の私は、乾燥肌の同級生よりシミが少ないと自負しています。
ニキビに悩まされたオイリー体質も、この点だけは感謝したいですネ。


ベタつく季節、すっきり洗い流す商品も多いですが、くれぐれもお気を付けを。

皮脂を根こそぎ洗い流した肌は、紫外線に対して無防備になる。
どんな対策も無意味になってしまいかねないこと、認識しておいてください。




参考記事
本当は触れたくないシャンプー成分の話
下地を切り替えました。アンナトゥモール ナチュラルUVベースクリーム 
99%ではダメなんです。100%紫外線カット完全遮光日傘


 カテゴリ
 タグ
None