れがいい、これがいいと、連日記事にしているワタクシ。

でも、正直に言えば・・・
ツラの皮一枚を潤すだけの化粧品は、「気休め」程度でしかありません。

注意したいのは、「肌に負担がかかることをやらない」ということ

使い方に気を付ける
肌に負担がかかる成分を避ける


今日は、の使い方について。

意外にやっている方が多いのが・・・・

肌にのせて

クリーム1

ぴー!

クリーム2

塗りこむように伸ばすのは、肌への負担に

泡洗顔は広く知られるようになっても、化粧品をつける段階で負担をかけていることに気づかない人が多いように思います。

クリームはもちろん、日焼け止めやリキッドファンデもそう。

クリーム類は指先にのばし、トントンと軽くのせていく。
最後に掌で包み込んで密着させれば十分です。


手はベタベタするけれど・・・
洗えばすむことですよね。

マッサージをするなら別ですが、マッサージも間違ったやり方をすると、シワの原因に。
自己流でやらず、正しい動かし方を学んでからやるべきです。


「肌はなるべくこすらない」

ラップ程度の薄さしかない皮膚、大事に扱ってほしいと思います



参考記事
完全無添加化粧水 コスメ調合室
一番優秀だと思う日焼け止め



 カテゴリ
 タグ
None