はこすらない。

洗顔やクリーム類を塗る時は、くれぐれもご注意を。
無意識にやっていませんか?肌に負担をかけるスキンケア<1>


もう1つ、やりがちなのが「過剰ケア」

メーカーさんが推奨するアイテムを全部使うと、こうなるでしょうか・・・?

クレンジング→洗顔→パック→導入化粧水→化粧水→乳液→美容液→クリーム

まぁ、ここまで使っていらっしゃる方は少ないと思いますが、ファンデや日焼け止め、リップケアアイテムなども加わると、
かなりの金額を使うことになります。

アイテムの重ね売り・・・・
儲かりますねぇ・・・


ところが。

実際にそれだけの化粧品を使っても、シミ、ニキビ、乾燥肌などの肌トラブルを抱える方は増えています。



化粧品でニキビは治りません。

また、乾燥肌にいたっては、化粧品が原因になることも


「合成界面活性剤で成分を浸透させる」

回収騒動なんてなんのその、このカラクリは一向に無くならない。
化粧品の「基本」と言ってもいいくらいなのでしょう。

合界で肌表面のバリア機能が緩んだ肌は、水分を保持する力が弱まります。
結果的に「乾燥肌」になってしまう。

化粧品の特徴を勉強している今ならば、その理由が分かります。
(⇒ 自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典


皮脂バリアを壊された肌は、さらに、外からの刺激にも無防備に。
高い化粧品を使い続けた結果シミができるというのは、ありえることなのだと思います


「つけすぎ・与えすぎ」は肌本来の機能を損なうだけでなく、害になる可能性も。
よかれと思ってやっていることが肌に負担をかけることもあると、知ることが大切だと思います。




参考記事
本当に南雲先生が選んだ「ごぼう茶」
一番優秀だと思う日焼け止め
過剰なケアに疑問を感じたら。美容断食で肌力を整える「Koo」







 カテゴリ
 タグ
None