照時間0分の7月上旬が過ぎると、一気に猛暑日

梅雨明け宣言はまだなのに、次は台風情報です。

湿度が高く、じめ~っと暑い。
高温多湿は本当にきついです。

そうなると、真剣に困るのが「べたべた肌」

メイクは皮脂と汗で流れ、崩壊レベルになってきます


べたつく肌の対策、どうなさっていますか?

油取り紙などで肌を強く押すと、毛穴開いてしまうので、くれぐれもご注意を


私なりの対処法は・・・

ミスト(⇒長野県蓼科産ダマスクバラ花水使用 凛恋ローズミスト)でシュッと潤し、ティッシュで軽く吸い取る
    気化熱で涼しくなるので、毛穴が締まります。
    ローズウォーターや温泉水等、皮脂となじみのいいミストを選びたい♪


ファンデの塗り直し
    こまめに塗る。
    メンドウだけど、これがテカテカ解消法として一番でしょう。


もちろん、「崩れない」ファンデもありますが・・・・

皮脂も油分も通さないカッチリファンデ(車のワックス級もあるの)は、かえって肌の負担に。
押し込められた皮脂は出口を失い、ニキビの元になったりします。


今年は、フルフリ新発売のエマルジョンファンデが大活躍。

フルフリUnique1
Unique_U ミネラルカバーファンデーション

美容オイルの調合を、そのまま配合
スキンケアするファンデと言ってもいいほどの贅沢さ。

フルフリUnique3

ユニーク・ユー ミネラルカバーファンデーション 全成分
エチルヘキサン酸セチル、リンゴ酸ジイソステアリル、酸化チタン、スクワラン、マイカ、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、タルク、ミツロウ、キャンデリラロウ、ラウロイルリシン、水酸化Al、コメヌカロウ、カルナウバロウ、ブドウ種子油、ニゲラサチバ種子油、ヨーロッパキイチゴ種子油、クロミキイチゴ果実エキス、クランベリー種子油、セスキオレイン酸ソルビタン、酸化ジルコニウム、トコフェロール、ラベンダー油、酸化鉄



皮脂を通すので、「持ち」という点では、確かに見劣りします。

でも!
くどいけれど、かっちりメイクは肌の負担に。
落としにくい点も無視できない課題です。

大きなお世話ですが、「崩れない」を基準に選ぶ方は、それを考慮して使っていただきたい。
メイクを始めた娘へ


肌に軽くて気持ちがいいエマルジョンファンデ。
ベタつく季節も、ニキビは登場していません。

もちろん、「できているニキビが治る」なんてことはありませんが・・・・
<質問>ニキビ肌を治す化粧品って何ですか?

日焼け止めやファンデが原因で肌トラブルにあったことがある方に、ぜひお試しいただきたいアイテムです


手作り無添加化粧水 フルフリ


参考記事
一番優秀だと思う日焼け止め
薬効ハーブ「カミツレ」のオーガニックスキンケア




 タグ
None