ーガニック主義のように思われますが、私は別にケミカル成分が悪いと思っているわけではありません。

合成界面活性剤は、油分のメイクを落とすのに必要。
シミに効くと言われる成分も、その効果を期待するなら、使いたい。
一時期悪者扱いされたパラベンだって、「防腐」の役割を考えれば、少量で効果を発揮するスグレモノです。

大事なのは、きちんと役割を考えること。


極端な例えで言うと、ウォータープルーフのメイクを使った後に、優しいクレンジングを使っても、落ち切れないでしょう?
ゴシゴシこすっては本末転倒。
するっと落とす力がある物が必要になります。

逆に、よく落ちるクレンジングを軽いファンデに使えば、油分を落とし過ぎてしまう。

また、クリームや美容液に合成ポリマーが含まれていた場合、クレンジングを使わない(メイクをしない)方の場合には、肌に残ってしまいがち。
石鹸では落としきれませんから。

そうなると、皮脂がつまったように毛穴が膨らんでしまう可能性があるわけで・・・・
どういうこと?「肌自体」が潤わない

「化粧品はラインで使った方がいい」と言われるのは、このためなんですネ。
それぞれのアイテムの特徴に合わせて作られていますから。


そんなあれこれを考えるのが面倒なので、私はケミカル成分をできるだけ排除したコスメを選ぶようになりました。
中でも効果があったと感じるのがオーガニック品だったわけです。


オーガニックだからいいというわけではなくて、いいと思った商品がオーガニックだったということ。

自分で使う化粧品の中身を知ることが、何より大事だと思います。




参考記事
写真でびっくり効果の検証!秘密は「ミネラルオーレ」です
「みんなの肌潤ろーしょん」 全成分


 カテゴリ
 タグ
None