添加だから、肌に優しい。

それは完全な思い込み。

メーカーさん側の大まかな定義は、「旧表示指定成分を含まない」ということ

特に負担が大きいと言われる成分で、パラベンなどがその代表のように思います。

一時期、パラベンが悪者のように取り上げられた時期もありましたが、パラベン自体は少量でバツグンの防腐効果を発揮するもの。
パラベンフリーを謳う商品にも他の防腐剤が入っていたりして、どちらがいいのか疑問に感じることも少なくありません。


そもそも、「無添加」に法的な表示義務はありません。
これはオーガニックと同じ。
日本はメーカー寄りの法整備・・・・なのでしょうね。


無添加だからケミカル成分不使用ではありません

だからこそ、全成分チェックは欠かせない。

パッケージの裏をひっくり返せば、無添加コスメにもケミカル成分はいっぱい。
合成ポリマーをベースに合成界面活性剤で浸透させ、合成香料で香り付け・・・なんて物も
(⇒ 合成ポリマーゲルの見本?



ケミカル成分を徹底排除した・・・・
いえ、増量の役割に近い水すら使わないのが、私の中での「完全無添加」

ハーブ水をベースにした化粧水はホンモノの贅沢品。
お金をかけるなら、本物を選びたい。

フルフリ1508-1
セルフメイド形式の自然派化粧水・かんたん手作りコスメ調合室『フルフリフリフラ』

ヒーリングローション
Larネオナチュラル スキンケア




もちろん、それだけがすべてではありません。

大事なのは、中身を知ること。

自分で使う物の中身は、自分で把握してほしいと思います。
(⇒ 自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典


 カテゴリ
 タグ
None