近のネット広告はすごいですね。

クリックや受信メールを解析して、興味がありそうな広告を表示してくれます。
漫画を買った後は、本の広告ばかりになって驚いたものです。

これが、エロぃ本だったら、エロぃ広告ばかりになるのかな・・・
子供と共有できませんね


普段の私は、コスメ広告ばかり。
いい商品を探して、クリックしてみることもしばしばです。

ここの所目につくのは、保湿を目的とした商品。

潤いクリーム。
潤い化粧水。
潤い洗顔。
潤いクレンジング・・・・?

う~ん。
汚れを落とすクレンジングで潤いを補給することは、両立しないと思うのですが。
ん?
と思う物も少なくありません。


そして、ここ数日、特に目についたのが「はちみつパック」

塗ったまま眠れるアイテムで、翌朝の肌が潤い満タンに・・・・
なると想像してしまいます。

優しげなボトルデザインと、天然成分配合。
栄養たっぷりな自然の恵みは、いかにも肌に優しそう。

でも・・・
成分を見れば、やっぱり合成ポリマー

しかも、「はちみつ」風のこっくり感は合成ポリマーにも似ているためでしょうか。
主成分になってしまっています。
あれ?はちみつは?
って、探さなければいけないほど、成分表示は下の方。


別に・・・
商品自体が粗悪品というわけではありません。
使ってみれば、意外といい使用感かも。


でも・・・・
優しいイメージをウリにしていても、普通のコスメと変わらない。
それなら、もっと安価な物を選んだほうがいいと思ってしまいます。


イメージで選ばない。
成分チェックはやっぱり大事です。



参考記事
参考図書 化粧品毒性判定事典
「アトピービジネス」と一緒にされたくないから
オーガニック(?)なリキッド ファンデーション







 カテゴリ
 タグ
None