康や美容に関するブームは変わらず、多くの先生や美容家さんの著書が次々と発売されます。

その先駆けと言いましょうか。
私が初めて手にした「健康に関する本」は、これでした。

病気にならない生き方 [ 新谷弘実 ]

病気にならない生き方 [ 新谷弘実 ]
価格:750円(税込、送料込)




新谷弘実(シンヤヒロミ)先生。
開腹手術をせず、内視鏡で大腸ポリープを切除することに世界で初めて成功した名医。
アメリカ大統領の主治医も務めたことのあるという、すんご~い人なんです。
30万もの腸を見てきた知識と経験を元に、独自の健康法を展開したこの本はミリオンセラーを記録する大ヒット。

え~と
半分は自慢話ですケド

そして、内容が衝撃的であったためか、著者がすごすぎたためか、とても影響は大きかったと思います。
私もしっかり感化されました。

玄米を食べたり、牛乳を止めたり・・・
お値段と味の関係で、長くは続きませんが。
そもそも、この本の内容をまともに実行したら、食べる物がほとんどありません

この本で新谷先生のお名前は、私の中でぐっと重みを増しました

ところが。
昨年、この新谷先生が開発したとされる「カフェコロン」を無許可で販売していた会社の役員が逮捕されたというニュースが!
同社で販売されていた「カフェブロッサム」という飲み物は好きだったので、かなりのショックです。

「カフェコロン」はコーヒー浣腸と言われるもので、腸内洗浄に効果があると謳われていました。
浣腸ですから、それは確かにすっきり出るでしょう。
私はオソロシクて使ったことはありませんでしたけれど、一時期、ちょっとした話題になっていたと思います。

実は、それが無許可販売だった。

う~ん

カフェコロンに限らず、浣腸は効果が大きいだけに、取扱いは慎重にしないといけないハズ。
ましてや、日常的に使うものではない。

どうして無許可販売できてしまったのか・・・

健康被害も出ているそうで、気の毒に思います。


そして、このニュースに関連して見かけるのが、新谷健康法への攻撃。
いや・・・
無許可販売のニュースなのに!?

牛乳悪玉論に対する抗議も重なっています。

確かに、先生の主張はかなりの極論。

でも、そうかと言って、「科学的根拠を示せ」と言うのは、違うのではないかと思います。

体への影響は未知の部分があります。
化学式のような正解の反応を求めるのは不可能です。

分からない部分があるからこそ、多くの症例から得た経験は大きな意味があるのではないでしょうか。

しかも、牛乳が悪いというのではないし・・・
健康になると信じて「乳製品を摂り続ける」のが問題だというだけで。

個人的には、給食から牛乳を無くすと試みた自治体にかみつく「牛乳崇拝」の方がコワイと思うのですが


新谷先生に限らず、極論はたくさんあります。
一日一食とか、炭水化物ヌキとか・・・・
最近では「絶食」なんてものも

大切なのは、ブームに流されずに「自分で考える」こと。
どんな健康法も万全ではないと感じるこのごろです。



参考記事
「酵素」という言葉を初めて知ったのは





 カテゴリ
 タグ
None