がオーガニックや無添加にこだわるのは、肌の健康を守るため。

そして、肌を守る大切な役割を担うのが皮脂。

どちらかというと、嫌われモノですが

スッキリ落とす洗顔は変わらず人気です。
根こそぎ落として、たっぷり塗る。

お金をかけても肌トラブルが改善しないのは、皮脂の役割を無視しているせいかもしれません。


参考になるのが、小沢先生の著書。
(⇒ 参考図書

肌バリアを失った肌がどういうものか・・・・
読めば読むほどコワイです


過去に行った実験ですが、再掲載。

美容液を塗っても、通常ならはじいてくれます。

肌バリア1


ところが・・・
クレンジングを使った後は、こうなります。

肌バリア2

落とした瞬間、でろ~ん

同じ美容液をたらしてみたのですが、広がり方が全く違いますよね~?
でろ~んと広がって、すぐに吸収されてしまう。

1回のクレンジングでこれだけ違うのですから、毎日使い続ければどうなるか・・・
想像するのは簡単です



美容成分を吸収するならよさそうな気もしますけれど、肌はそう都合のいいように選んでくれません。
防腐剤や埃などの異物も吸収してしまいます。
また、水分を保持する力も衰えますから、結果的には乾燥肌に!

「キレイに落とす」「吸収がよくなる」ということが、水をはじく健康肌とは正反対の結果になってしまうのです。


メイクを落とすためにクレンジングは必要ですが、根こそぎ皮脂を落とす洗顔は絶対に


クレンジングやボディーソープ、ハンドソープにも、合成界面活性剤は多く使われています。
当然、シャンプーにも。
意外や意外、ローションや乳液にも。

効果を出すために必要なのかもしれませんが、乱用は避けるべき。
健康肌を目指すなら、全成分表示に入っている合成界面活性剤のこと、少しだけ意識してみたほうがいいと思います。




参考記事
天然由来成分100%ということは
無添加&オーガニック。価格も満点のオーガニックトライアル




 カテゴリ
 タグ
None