今日のメルマガをチェックして、よさそうなトライアルを見つけました。

でも、全成分を見ると・・・
水、1,3-ブチレングリコール、2-エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、メチルポリシロキサン・・・???

新しい美容成分も確かに入っているのですが、水・1,3-ブチレングリコール(BG)が主原料。
そこにメチルポリシロキサンなどの合成ポリマーも加わっているのですから、「中身が安いなぁ」と感じてしまいます。
これで定価はマン近いのだから、もう買う気になれません。


「水商売」とはよく言ったモノで、化粧品の原料はほとんどが水です。
他の商品とは比較にならないほどの高利益率。
広告費が主なコストを占めるとも言われています。


その「儲けの源」である水を使わない化粧水が、フルフリ♪

フルフリわのか   フルフリ100
セルフメイド形式の自然派化粧水・かんたん手作りコスメ調合室『フルフリフリフラ』

ハーブ水や和漢エキスを自分で混ぜて使う。
中身が見えるから、どれだけ贅沢なのかが分かります。


フルフリさんとの出会いも、他ブランドと同じようにトライアルから。
成分チェックを始める前に使い、最初はそれほどと思いませんでした。

当時の私は、とにかくお得なトライアルを次々に購入。
それでも、肝心のニキビは治りきらない。

使用感だけの判断を止め、知識を得ようと成分辞典で勉強しようと思いました。
(⇒ 自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典

使った化粧品を片っ端からチェックし、合格したのがフルフリさんとネオナチュラルさん、オラクル。
この3つは今でも大好きで、愛用中。

ネオナチュラルは石鹸を中心にリピ。
オラクルは・・・お値段がちょっと張るので、お財布に余裕がある時のスペシャルケア。

そして、普段使いのローションはフルフリ♪

くどいけれど、中身が違う。

丁寧に蒸留されたハーブ水がすべての基本

フルフリさんの原料に使われるハーブは有機栽培か野生草。
それを、エタノールなどのアルコール類を使わずに、蒸留して抽出。
そのハーブ水をベースに、和漢植物エキス・保湿剤を加えて使います。

使用直前に混ぜ合わせることによって、防腐剤は不使用。
もちろん、合成界面活性剤、合成ポリマーだって使われていません


そして、他と一番違うのは、季節や肌質に合わせて選べること

抗酸化力の強いハンガリーウォーターを基本に、冬はローズ、夏はラベンダーなども組み合わせています。
和漢エキスは、シワ・美白など、効能に応じて選ぶこともできます。

2週間分のお試しサイズが容易されており、どれを何度でも試してみることができるのは便利。
価格も安いです♪

手作り化粧水キット(お試しサイズ)

コスパで言えば、通常サイズの方がお得♪

手作り化粧水キット(通常サイズ)

少し慣れてきたら、ハーブやエキスを単品で購入し、自分で組み合わせることも可能です。
(⇒ <読者さんからの質問>完全無添加フルフリ 配合割合


少し価格が控えめの「ポメロウォーター」もいいのですが・・・
<完全無添加化粧水>新商品のポメロウォーターがいい♪


やっぱり戻ってくるのは、調合ハーブ水。
今後も愛用したいブランドです

手作り無添加化粧水 フルフリ


参考記事
勝手にランキング1~洗顔石鹸~





 タグ
None