差しが強さを増すにつれ、日焼け止めの広告を見かけることも増えました。

いと思う日焼け止めも増え、選択肢がふえたことが素直にうれしいです。
白浮きなし!有機へちま水ベースの100%天然贅沢日焼け止め
ここまできた!天然100%でSPF50+ PA++++ 沖縄オーガニック


UV商品やファンデに使われている原料で、ちょっと誤解されがちなお話を。

「ミネラルファンデ」が市民権を得てから、「ミネラル」がなんとなく肌にいい物と思われているフシがあるのではないかと思います。

etvosトライアル2

肌に負担が少なく、私も大好きなのですが・・・

決して「肌の健康を促す」ものではありません

「ミネラル」と言われる原料は、酸化鉄やタルク等。

・紫外線をカットする働きがある
・素材の色で調節できるため、着色しなくて済む

そういった点で優れた原料だと思います。

でも、肌の健康を促す成分ではない。

使用後は速やかに落とす。
「肌に優しい日焼け止め」を美容液と混同することのないようにしてほしいと思います。


また、「ミネラルファンデ」が肌にいい成分と認識されたせいか、「ミネラルオイル」も混同している知人もおりました

ミネラルオイルは石油を精製して作られる物で、ワセリンもその1つ。
「石油が原料」と言って、非常に驚かれました。
ワセリンの効果と悩みドコロ

別に、それが悪いわけではないのですが。
アレルギー反応がでにくい、カバー力に優れる等の利点もあります。
安価なのも大きな魅力です。

注意したいのは、イメージでの思い込み。
素材に合わせた使用法をしてほしいと思います。



参考記事
よく考えると怖い「メラニンの生成を抑える」シミ対策






 カテゴリ
 タグ
None