カテカのオイリー肌だった私。

1つだけよかったことは、シミがあまりできていないこと。

ろくな紫外線対策をしなかったのですから、「皮脂が肌を守る」というのは本当のことだと思います。

一方、酷使した手は万年油分不足。
洗い物、掃除、料理etc.
丈夫で荒れなかった分、お手入れも怠りました。

そして・・・

手のシミ

手には目立つシミがバッチリ

運転の際、直射日光を浴びていたのも大きな理由。

若いころは、アームカバーなど利用しませんでした。
まぁ、今ほど使っている人も少なかったですし
手に日焼け止めを塗るという考えもなく、ハンドルを握る右手はいつも直射日光にさらされていました。


蓄積されたシミの原因は、ある日くっきり形となります

気付けばできていた・・・
そんな感じです。

できてしまった物を消し去るのは、かなり難しい。


今できることは、新たなシミ原因を作らないこと。

コップ1つ洗う時でも手袋をし、外出の際にはアームカバー。
99%ではダメなんです。100%紫外線カットの完全遮光シリーズ

化粧水やオイルを使う時は、手にもきっちり塗る。

対策をしているおかげで、新しいシミは増えていません


でも・・・

同年代の友人を見ていると、同じことが顔にも起こっているように思います。

紫外線?保湿不足?

いえいえ・・・・

それもありますが、化粧品の使い方も大きな問題でしょう
本当にあった美白のコワイ話

シミの原因は蓄積されていきます。
現れた時には、今までの怠ったケア、間違ったスキンケアの結果だと後悔するばかり


今からできるのは、シミを増やさないこと。

紫外線対策とともに、化粧品の選び方、使い方にも注意していきたいと思います。



参考記事
うっかり浴びた紫外線のケア
「美白」の宣伝ばかり目立ちますが
やっぱり戻ってくるのはここ「完全無添加化粧水」

 カテゴリ
 タグ
None