チニール不使用の「SHINN オーガニックリップグロス」のレポです。

SHINNグロス
SINN ~シン~

まずは、全成分チェック

オーガニックリップグロス(クラシックローズ) 全成分
トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、オリーブ果実油*、パルミチン酸デキストリン、ザクロ種子油*、ローヤルゼリーエキス*、月見草油*、シア脂*、ヒマワリ種子油*、ホホバ種子油*、アルガニアスピノサ核油*、ダマスクバラ花油*、ラベンダー油*、オクチルドデカノール、グリセリン、水、グンジョウ、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、ラウロイルグルタミン酸Na、リシン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、塩化Mg
*有機栽培

天然素材の合成界面活性剤が数種類。
メイクアイテムは水と油が分離した状態では困りますから、納得の範囲内です。

ちなみに、ECOCERT認定も取得

グロスでオーガニック認証を受けているものは、なかなか無いと思います。

使ってみた感想は・・・・

私のぽってり唇でご紹介。
お見苦しいけどご容赦ください

SHINNグロス1


かなりこってり仕上がり。
ベタ付き感は多少あります。
塗った後しばらくは、髪がかかるとベタっと張り付きます。

でも!
唇のスジまでカバーしてくれる潤ツヤ感
色ノリもよく、見た目はバッチリです♪


石鹸だけで落ちるか?
手の甲に塗って試してみました。

SHINNグロス2

すこ~し色が残ります。

SHINNグロス3

気になる方は、クレンジングを利用した方がよさそう。


メイクが目的なので、唇そのもののケアには不向き。
乾燥対策も考えるなら、色が薄くても、ブルークレールがやっぱり一番です。
紫根バームが絶品です♪無添加&オーガニック「ブルークレール」


あくまでも個人的な参考ですが、グロス選びの参考にしていただければ幸いです。


 タグ
None