外線カット効果を表すSPF値。

今、表示できる最高レベルの数値がSPF50+ PA++++です。

紫外線 B 波( UVB )をカットする効果を数値で表したのが、SPF。
数値が高いほど効果の持続性も高く、50以上の効果があるものを50+と表示しています。

UV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値がPA+で、+の数が多いほど効果が高い。
表示上限は+4つです。

まぁ、実際のところ、数値の測定は曖昧らしいのですが・・・

「数値が高いほど売れる」

のは確かなようで、数値合戦のようにこぞってSPF50+ PA++++表示の日焼け止めを多く見るようになりました。


でも、日焼け止めの効果は「持ち」が肝心。
皮脂や汗で崩れてしまっては、十分な効果が発揮されません。

だからこそ、ウォータープルーフ日焼け止めは重宝します。
屋外にいる時間が長い1日、使ってみれば、やっぱりこの日焼け止めは最高レベルです。

琉白UV1
シークワーサーブライトニング UVヴェール


フランスエコサートグリーンライフが認定したナチュラル&オーガニック化粧品
原材料の100% は天然由来
原材料の15.3% は有機栽培
ナノ化成分不使用


琉白UV2

天然というだけでなく、ノンナノ処方というソツの無さ。
タルクを使用していますが、この点の安全性もきちんと説明。
1つ1つの素材にこだわり抜いた様子が、丁寧なQ&Aから見て取れます。

文句のつけ所がありません


肝心の使用感は?

香りはほのかな柑橘系。
日焼け止め特有のイヤな香りは全く感じません。
芳醇さはないものの、柑橘の爽やかな香り。
十分にいい香りです。

色は濃い目で、「下地」というより「UVファンデ」と言ったほうがいいほど。
見た目は緩いですが、水っぽくはありません。

琉白UV3

やや白っぽく仕上がります。
カバー力があり、メイクとしても十分。
崩れにくい「強さ」もあります。

琉白UV4

「色戻り」がかなりあるので、使用は顔に限定した方がよさそう。
(写真では分かりにくいですが、ティッシュで押さえると、かなり色がうつりました)
仕上げのパウダーは必須ですネ。

琉白UV5

メイクをしながら高いUVカット効果を得られる点で、非常に便利。
守りたい物・隠したい物がイッパイのおばさんアラフォー肌にも心強いアイテムです。


さらに言うなら、「落としやすさ」も大事

市販の日焼け止めはもっと安くて効果を発揮してくれますが、肌に負担がかかるもの事実。
日焼け止めを使えば必ずニキビが頻発した私は、もう合成ポリマーの日焼け止めを使えません・・・・

石鹸で落ちるオーガニック品だからこそ、高くても買ってよかったと思える価値があります。


・・・とは言っても、日焼け止めは「必要悪」
肌の健康を促す物ではありませんから、帰宅後は速やかに落とすこと。

使い方を間違えないようにしてほしいと思います。


沖縄植物を使った琉白は、これからの時期にぴったり。
美白効果の高い「シークワーサー ブライトニングエッセンス」も人気です。

琉白オイル&美容液
シークワーサー ブライトニングエッセンス



990円のトライアルはとびきりお得ですので、初めての方はこちらがオススメ。

琉白1
琉白トライアルセット990円










参考記事
白浮きなし!有機へちま水ベースの100%天然贅沢日焼け止め
ノンナノ(ナノ化されていない)オーガニックUVクリーム
業界では常識!?UVパウダーの本当の効果


 タグ
None