年は「いい」日焼け止めが続々登場しています。

とにかく売れているのが、琉白の「シークワーサーブライトニング UVヴェール」
SPF50+ PA++++ の効果でECOCERT認定品だからすごい
やっぱり効果は最強!SPF50+ PA++++のオーガニック日焼け止め


でも・・・
焼け止めは「必要悪」

紫外線の害から守ることが目的で、肌の健康を促す物ではありません

いいと思う商品も、実際のところ天然素材の合成界面活性剤で「乳化」はしています。
水分と油分が混在しているわけですから、当然ですネ。
ECOCERT認定なのに合成界面活性剤入り


そんな小細工をしていない商品が、「ソレオ オーガニックス ノンケミカル日焼け止め
本物の安全を追求する方に人気の商品で、今年も変わらず売れてます♪

日焼止2
ソレオ オーガニックス ノンケミカル日焼け止め

紫外線が強いオーストラリアの自然療法士レオ・ファング氏が、皮膚がんを患ったお母さんのために作ったという商品

探してもいい物が見つからないから、自分の知識を生かして作ったそう。
すごい!

成分の良好さはもちろん、ノンナノ処方で合成界面活性剤も不使用。
それでいて、水をはじくウォータープルーフの効果を発揮します。


これ以上安全な物は見当たらないのでは?と思うほどの商品。
ワタクシのイチオシです。

水をしっかりはじき、皮脂くずれもしにくい。

日焼止7


非常にいいのですが・・・

1つだけ問題が。

それは「べたつき」

乳化されていないだけに、うっかり塗りすぎると、ベタベタ&テカテカになってしまう。

しっかり振ってから出し、うす~く塗って、ミネラルファンデをパタパタパタ・・・・
使い方を理解すれば問題ありません。

日焼止6

コツをつかめば、「べたつき」が「ツヤ感」に変わります

それでも、娘っちは敬遠ぎみ。
ツヤのある10代肌に、確かにこれは重い。
ずぼらな性格なので、しっかり振ってから使うのも「メンドウ」とも言います。

どこで妥協するかは、個人の判断。
仕上がりも重視するなら、多少の乳化に目くじらをたてることもないのかもしれません。


敏感肌やこだわりのある方が利用するお店のせいか、フルフリさんには他の日焼け止めがあっても、圧倒的にソレオの方が人気。
本当にすごいことだと思います。

これ以上「安全」な物が思い浮かばない日焼け止め。
夏場は在庫切れになることもあるので、お早目にのぞいてみてください。


手作り無添加化粧水 フルフリ



参考記事
99%ではダメなんです。100%紫外線カット完全遮光日傘
徹底無添加とオーガニックへのこだわり。ブルークレール


 タグ
None