がついつい反応してしまう言葉。

「無添加」「オーガニック」「自然派」「ノンケミカル」

でも。

「無添加」・・・・・・・旧表示指定成分不使用
「オーガニック」・・・オーガニック成分配合

その表示はかなり曖昧です。

特に危険度の高い成分と言われる「旧表示指定成分」を使わない「無添加」
悪いことだとは思いませんが・・・
例えば、パラベンを使う代わりに、違う防腐剤を使っていたりするわけで。
それがいいことかと問われれば、首をかしげたくなる物も多いです。

「オーガニック」については、もっと曖昧で
オーガニック(?)なリキッド ファンデーション


「ノンケミカル」も、かなりこちらのイメージとは違います。

どういう場合に使われている


「ノンケミカル」て検索をしてみると、上位に表示されるのは、日焼け止め。

「ノンケミカル日焼け止め」として販売されているのは、どれも紫外線吸収剤を使わない商品。
業界さんの基準で、紫外線吸収剤不使用の商品をそう言うみたいです。

成分をよくよく見ると、紫外線吸収剤は入っていなくても、合成ポリマー・合成界面活性剤など、ケミカル成分のオンパレード。

まあ、そもそも・・・
それが当たり前?
天然成分だけの方が珍しい?
そう言ってしまっては、おしまいなのですが・・・

消費者は、言葉の持つ意味からイメージをとらえます。
「ノンケミカル日焼け止め」と書かれれば、ケミカル成分の少ないコスメ・・・極端に言えば、天然成分の日焼け止め?とまで勘違いしてしまう可能性も。


言葉遊びのような広告の謳い文句。
もっと分かりやすい表示規定を設けてほしいと思います。



参考記事
無添加なので腐ります。化粧品の保管にご注意を




 カテゴリ
 タグ
None