ルガンやホホバなど、おしゃれなイメージのオイルに比べ、ちょっと地味。

ヘアケア製品で見かけるものの、スキンケア商品での「馬油」は人気がイマイチです。

でも!

人の皮脂に近い組成で、必須脂肪酸を多く含みます。
「与える」より足りない油分を「補う」ケアに最適♪

馬油
ネオナチュラル馬油クリーム+


そういう私も、手を出すまでは、なかなか勇気が要りました。

だって・・・

馬の油。

なんだか抵抗がありますよね

一度お試しで使ってみると、臭いもクセも無し。
人間の皮脂に近いと言われているだけあって、肌にもよくなじみます。

ネオナチュラルの植物オイルとしては、「ボタニックオイル」もあるのですが、馬油の方が保湿度は高いと思います。
ボディに塗るなら、馬油1つで十分。お値段も安いので、こちらを愛用することが多くなりました。

馬油のいい点は、室温が下がっても、固化しにくいこと

シア脂やみつろうベースの物は、どうしてもその点が気になります。
もちろん、体温で温めながら伸ばせば問題は無いのですが・・・
モノグサな娘たちは、最初から軟らかい馬油の方が、使いやすいようです。


原料は、食料品となる馬肉を作る段階で出る副産物。
化粧品を作るために動物を殺しているわけではありませんので、その変は誤解しないでほしい。

店長さんが海外のオーガニック基準に納得できないのも、馬油が原因とか。
オーガニック化粧品の原料に、動物成分は認定されない。
食品としては認定されるのに・・・・

ネオナチュラル オーガニック講座体験<その1>


本音を言えば、私自身、まだまだ動物成分には抵抗があります。
ハーブや精油の方が好き。
好みの問題ですから

それでも馬油を買ってしまうのは、ネオナチュラルさんへの信頼と品質の確かさを実感しているから。
低価格でたっぷり使える馬油は、乾燥シーズンに向けて重宝できるアイテムです


ネオナチュラル



参考記事
乾燥シーズンに使いたい100%シア脂オーガニッククリーム
アンチエイジングの切り札。ビタミンE・オレイン酸豊富な「アルガンオイル」



 カテゴリ
 タグ
None