動の秋、だからでしょうか?

楽天の売れ筋ランキングをチェックしてみると、総合ランキングトップに「ワンダーコアスマート」が登場していました。

けっこう長く人気が続いてますね。
スゴイなぁ。
でも、これで痩せた方、どれぐらいいるのでしょう?
(私はすぐ放置しそう


スキンケア部門では、涼しくなった影響か、温感クレンジングがトップに。




「温かくなる」のは不思議な感じがしますが、成分を勉強すると、けっこう簡単な化学変化です。
化粧品成分上級スペシャリスト認定いただきました

温感タイプの化粧品は、水と反応すると発熱する「グリセリン」の性質を利用したもの

水の中に数%のグリセリンが入った化粧水と違い、グリセンリンが主成分となっているので、肌の水分と反応して発熱する。
この商品もそうでした。

ホットクレンジング ジェルN 全成分
グリセリン、DPG、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、アロエベラ液汁、グリチルレチン酸ステアリル 、(ベヘン酸/エイコサンニ酸)グリセリル、カラメル、アルテロモナス発酵エキス、ヒドロキシアパタイト、イワベンケイ根エキス、オプンティアストレプタカンサエキス、ハマメリス葉エキス、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ローヤルゼリーエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ホウセンカエキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、クリサンテルムインジクムエキス、アーチチョーク葉エキス、レモン果汁、オレンジ果汁、ライム果汁、ナツメ果実エキス、サンザシエキス、リンゴ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、ハチミツ、セラミド3、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、オリーブ果実油、オレンジ油、カルボマー、酢酸トコフェロール、BG、トコフェロール、PG、ペンチレングリコール、水、水酸化Na


グリセリンは化粧水の保湿にもよく使われている安全性の高い成分。

でも・・・ですね。

水と反応して発熱することから想像できると思いますが、肌の水分を奪いやすい

そして続く、「イソステアリン酸PEG-20グリセリル」、「トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル」などの合成界面活性剤。
これで油汚れを乳化させ、メイクを落とす仕組みです。


肌が温まって毛穴が開き、よく汚れが落ちるでしょう。
黒ずみの残る毛穴もキレイになるかもしれません。

でも!
肌の油分や水分も一緒に奪ってしまう

後に続く美容成分や植物エキスは、まぁ、どれだけの配合量か・・・
洗い流すことを考えれば、それほど作用が大きいとは思えません。


よく落ちるクレンジングは、メイクを落とすのに必要です。

でも、よく落ちる分、肌に必要な物も落としてしまう。
落とし過ぎのケアが乾燥を招く原因になること、忘れないでほしいと思います。




参考記事
オーガニックばかり使って、いいことはありますか?

 カテゴリ
 タグ
None