暖の差が大きくなり、乾燥が急激にひどくなりました。

晴天続きのおかげで、湿度はさらに低下。
秋晴れは気持ちいいけれど、肌には過酷な環境です。

常に水仕事をする手肌は乾燥がヒドイ。
クリームをこまめに塗っても、なかなか追いつきません。

それに比べ、顔の乾燥はほぼナシ。
例年感じていた唇の乾燥も、あまり気になりません。

その原因が、おそらくこのオイル。
浸透するのに潤いが持続する。不思議なほど優秀なオイルです。

ITAL4.jpg
TALブースターオイルセラム


オイルにもそれぞれの特徴がありまして。

天然オイルの中でも認知度が高いのが、「アルガン」と「ホホバ」でしょうか。

でも、実は「ホホバ種子油」は油じゃない

いえ、種子油(シードオイル)だから油には違いないはずなのですが
構造上の問題。

組成上は「ロウ」に分類され、他のオイルとは少し違います。

ホホバオイル
NATURAL ORCHESTRAの高品質オーガニック「ゴールデンホホバオイル」

肌に浸透しやすいという意見もありますが、私が使った印象はやや「硬い」。
元来がオイリー肌なので、ややベタつきを感じます。
低温で固化することもあり、冬場の使用にも向いていないと思いました。

そこで、ここ数年はアルガンオイルを主に使用。

アルガンCODINA
フランスのオーガニック100%コスメブランド コディナ【送料無料キャンペーン実施中】
 
  
メルヴィータ2
ベストコスメ受賞多数!化粧水前使用で、うるおい肌へ | オーガニックコスメ Melvita ビオオイル アルガンオイル


栄養豊富で肌なじみがいい。
オイリー肌の私にはぴったりでした。


・・・ところが。

年齢が重なって油分が減ったせい(?)か、乾燥期にはアルガンだけでは物足りないことも。
夏はよかったのに、難しいですネ


そんな時に出会った、「ITAL」

ホホバベースにサラサラ度の高いマカデミア種子油、アーモンド油が加わって、
「浸透と潤いの持続」を両立しています

「ITAL(アイタル)」全成分と使用感


ホホバとのブレンドオイルと言えば、ネオナチュラルのベビーオイルを長らく愛用中。
(私はボディ用に、娘たちは顔にも使っています)

こちらの方がややしっかり目。
・・・というより、これでも肌なじみは十分な方。
「ITAL」の浸透力が驚異的なのでしょう。
neobaby1503.jpg
我が家の定番♪ホホバと馬油の絶妙オイル


クランベリーシードオイルやローズオイル、ローズヒップオイルなどは、効果の強いエッセンシャルオイル。
単体で使うには強すぎて、ホホバやアルガンなどのベースオイルに混ぜて使います。

フルフリセラム   ガミラオイルローズ1  バネッサ1

浴びた紫外線のケアに。トコフェロール40倍の抗酸化力のオイル
ガミラシークレット フェイスオイル ワイルドローズ
Vanessa Megan ローズヒップ リバイタルフェイスオイル


効果が高い分、お値段も高いですけど
美白、エイジングケアも期待できるエッセンシャルオイルは、お財布と相談して使い分けたいトコロです。


1つだけ注意点
天然オイルは、体質によってアレルギー反応が出ることも。
「天然=安全」ではありません。
ご自分の肌に合う物は、ご自分で判断してください。


 タグ
None