だったのかなぁ?

「真皮まで届くコラーゲンを作りました」

っていうDHCさんのCMがありましたよね?

通常の化粧品は角質層までしか届かない・・・という前提。
それ以上浸透するという効果を謳っては、薬事法違反になってしまいます。
浸透をウリにしている物でも、注意書きで「角質層まで」と書かれているハズ。

ところが。

それを覆すCM。
角質層の奥の組織「真皮」まで届くということになれば、イヤでも気になる。
どんな仕組みなんだろうと、DHCさんのサイトを見てみました。


そして、冒頭の「夢だった?」気分に。

まぁ、つまり。

DHCさんのサイトを探しても、真皮まで届くコラーゲン化粧品が見つかりません

たぶん、これだろうとは思うのですが
DHCスーパーコラーゲン スプリーム

全成分以下、商品紹介も公式サイトから拝借しました。

DHCスーパーコラーゲン スプリーム 全成分
水、BG、グリセリン、ポリ(1,2-ブタンジオール)-4PEG/PPG-29/9メチルグルコース、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、異性化糖、クエン酸、クエン酸Na、PEG-40水添ヒマシ油、シロキクラゲ多糖体、グリコーゲン、リン酸アスコルビルMg、ジペプチド-8、ビオサッカリドガム-1、オリーブ果実油、マイタケ子実体エキス、セイヨウアブラナ種子油、トコフェロール

『DHCスーパーコラーゲン スプリーム』は、浸透※2と純度にこだわって開発された、画期的成分[DHCスーパーコラーゲン(ジペプチド-8)]を最高濃度294倍※1で配合した新世代コラーゲン※3美容液です。
※1 当社比
※2 角層まで
※3 保湿成分(ジペプチド-8)


角質層までという注意書きが書かれていること。
全成分にコラーゲンが見つからないこと。


」でいっぱい。
CMは私の夢だったのか・・・と思うのも、ムリは無いでしょう

しかも、主成分は、水、BG、グリセリン・・・

う~ん。

ほぼ「普通」

「ポリ(1,2-ブタンジオール)-4PEG/PPG-29/9メチルグルコース」がコラーゲンと同じ役割をするのだろうという想像はできますが、名前から察するに合成物質でしょう。

これをコラーゲンと言っていいものかなぁ。


そして、これが薬事法上商品に表記できないだけで、実際は真皮まで届いちゃう?

そんな可能性も考えましたが、よしんば、仮にこれが真皮まで届いたとしても、肌にとっては異物以外の何物でもありません。

(天然由来成分でもそうですが)、外から入った成分に、体内で生成されたコラーゲンと同じ働きを期待すること自体が無理な話。
一時的に膨らませる効果しか期待できません。

もちろん、それはそれで、一時的なハリはかなり出るでしょう。
中身を理解した上で使うなら、効果を求める方にいいと思います。


それでも。

あのCMはなんだったのでしょう?

CMと商品が一致せず、なんとも狐につままれたような気分でした。


参考記事
オーガニック(?)なリキッド ファンデーション




 カテゴリ
 タグ
None