日の記事で、「QUON(クオン)キューティーチョコレートパック」のアウトレット情報を紹介したところ・・・

「チョコを顔に塗るの?」
「糖化するんじゃない?」

などという心配のお声をいただきました。


自分は全く考えなかったので、ちょっとビックリ

そもそもですね・・・

カカオ自体は甘くありません

代表的なお菓子の原料を見てみますと・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルファベットチョコレート ファミリーサイズ(191g)
価格:378円(税込、送料別) (2016/12/22時点)




<アルファベットチョコレート ファミリーサイズの原材料>
砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、乳糖、植物油脂、乳化剤、香料

いきなり砂糖

次にカカオマスが来るのはまだいい方で、植物油脂の方が割合が多いものもあります。

製菓用の純正ココアを食べたことがある方ならご存知だと思いますが、カカオ自体は苦味があるほど。
甘くておいしい幸せは「砂糖」のおかげなのです


クオンのパックを成分チェック。


【アウトレット】QUON(クオン)キューティーチョコレートパック(グリーンティ) 250g


<QUON(クオン)キューティーチョコレートパック(グリーンティ) 原材料>
水J・グリセリン・カカオ脂O・エタノール・ダイズ粉J・ベントナイト・緑茶葉JW・黒砂糖・チャ葉水JW・チャ種子油JW・クロレラ・ハチミツJ・コメヌカ発酵液JO・カンゾウ根エキス・キサンタンガム・セイヨウシロヤナギ樹皮エキス・バニラ果実エキス・カラギーナン・トコフェロール
J: Japanese/国産原料
W: Wild Craft/無農薬・自然農原料
O: Organic/オーガニック認証原料

水、グリセリンといった普通のコスメ原料に、カカオ脂や緑茶をプラス。
黒砂糖を使われていても、保湿を保つための程度で、割合は低いです。

舐める勇気はありませんが・・・
まぁ、甘くはないでしょうネ

保湿を重視した成分をバランス良く配合しており、1つ1つの成分もオーガニックにこだわっています。
パックとして非常に優秀品だと思います。


でも。

化粧品はイメージが大切。

お菓子を連想させるパッケージは、オーガニックコスメとしてはあまりよくないのかもしれません。





 カテゴリ
 タグ
None