穴をきゅっと引き締める。

ある程度の開閉はありますが、ぱっくり開いた毛穴は、残念ながらもとには戻りません。

ニキビ全盛だった私の10代~30代。
無添加スキンケアのおかげで、ニキビ痕もそれほど目立たなくなりました。

でも・・・・
毛穴だけは元に戻りません。

原因ははっきりしています。

「質の悪いオイルクレンジング」

誤解の無いようにお断りしておきますが、最近では成分良好なオイルクレンジングも登場しています。

私が使って失敗したと思っているのは、合成界面活性剤が主の商品。
使った後急速に肌の乾燥を感じ、W洗顔が必要になるもので、大手メーカーさんから出ていました。
(今でも売られています)

使い始めたきっかけは、
「オイルでマッサージをすると、毛穴がきれいになるんだって!」
という、知人の一言。

毛穴の1つ1つがふくらんで存在感を主張していた私は、メイクを落とす目的より、この言葉にとっても惹かれました。

使ってみると・・・
本当によく落ちる!
毛穴の角栓がするっと取れて、手の平にポツポツと取れて見えるほど。

見た目で効果を実感できますから、ことさら気に入り、毎日くるくる使っておりました。

ところが。
角栓は、取っても取っても無くならない。
本当に不思議です。
きれいになった毛穴も、翌日には元通りですから

どこからこの毛穴の中身は出てくるんだろう・・?と真剣に悩んだものでした

今にして思えば、皮脂は毎日分泌されるもの。
無理やり取っても意味が無いんですよね。


合成界面活性剤のクレンジングでマッサージをするということは、肌バリアを根こそぎ取ってしまっていたわけで・・・・
肌の乾燥も感じ始め、毛穴はかえって目立つように。

合成界面活性剤という成分の知識に加え、使い方を誤った自分の無知を本当に後悔しています


残念ながら、この時に大きくしてしまった毛穴は、戻っていません。

毛穴のケアには、毎日の丁寧な洗顔と保湿を。

地道な努力をしつつ、「あの時知っていれば・・・・」と、今でも思います。




参考記事
洗顔を変えれば肌が変わる。ハーブで洗う「Ruam Ruam 生せっけん」
肌に悪いものは作りません!390円のトライアルが人気 ネオナチュラル
青汁は勝てないサジーの栄養
メイクで隠せない口元対策!「若返り あごトレ」



 カテゴリ
 タグ
None