日鏡を見ているのに、ふいに気づくシミ。

40歳を過ぎた肌は、突然気づく加齢サインにドキドキします。

先日気づいたのは、鼻筋にできた「眼鏡」の痕。
重さが偏っているのでしょうか?
なぜか右にだけくっきりと表れます。

さてさて。

こんな時、どうします?

慌てて美白コスメを塗り塗り・・・・
小さいシミなら、それで改善することもあります。
シミに効く化粧品は確かにあります。

でも!

それらを塗って、紫外線を浴びることは絶対に避けたい

即効性のある化粧品は、合成界面活性剤で有効成分を浸透させる。
結果的に、肌のバリア機能を壊してしまいます。


肌を守る皮脂の大切な役割。
有効成分を浸透させるということ


美白コスメを使っているから、紫外線対策はしなくてもいい・・・
そんな勘違いをしている方も多いようですが、使い方を誤れば、美白コスメはかえってシミを増やす原因になってしまいます。

美白コスメの使用は夜、日中は日焼止め

使用方法は正しく認識しましょう。


さてさて、冒頭の眼鏡シミ。

私の対策は、「オイルのダイヤモンド」と言われる貴重成分のクランベリーシードオイル。
抗酸化作用もお値段も高いです。

フルフリセラム
フルーティア オーガニックス ザ・セラム

もちろん、薬ではないので一塗りできれいになるわけではありません。

でも・・・
今更ながら、鼻筋に保湿やファンデなどをあまり塗ってこなかったことに気づきまして。
とりあえず基本のケアを重点的に行うことにしました。


保湿とファンデ(紫外線対策)のおかげで、少しうっすらとしたように思います。

あとは、メガネ時間をできるだけ減らすこと。
少しの刺激でも、蓄積されればシミになる・・・

この続きはまた明日の記事で。
刺激を与えるスキンケアのお話をしてみたいと思います。




参考記事
スクワランベースのBBクリーム。下地不要でこの仕上がり♪
顔が黄色い・・・くすみに気づいた時の対策



 カテゴリ
 タグ
None