「飲む日焼け止め」が今年も話題です。



飲むだけで紫外線対策ができる!?
日焼け止めを使う必要が無い!?


な~んて思ってしまいますネ。

実際のトコロは?

シダ植物エキス末が紫外線から体を守る効果があると書かれていますが、どういう理屈で守るのでしょう?

紫外線のダメージを代わりに吸収するのか?
メラニンの生成を抑えるのか?
ダメージを受けにくい肌に強化するのか?

販売ページに説明が無い上に、スペインからの輸入品では、商品を買っても理解できない可能性が

それで売れているのだからスゴイです


いずれにしても、薬ではない以上、一粒で全身を変える働きをするのは不可能でしょう。

恐ろしいのは、これを信じて日焼け止めや帽子などの使用をやめること

紫外線のダメージは蓄積していきます。
シミとなって出てくるのは数年後。

また、メラニンには浴びた紫外線の害を排出する大切な役割があります。
その働きを抑えてしまう効果なら、肌にもっと大きな影響が出てくる可能性も


日焼け止めや帽子、日傘などで物理的にカットするのが紫外線対策の基本。

サプリは、うっかり浴びた分のケアとして、「無いよりマシ程度」に考える事が無難だと思います。



参考記事
スキンケアの誤解
99%ではダメなんです。完全遮光日傘、人気色は早くも完売!




 カテゴリ
 タグ
None