回の続きです。

「知らなかった」ことで後悔しない

その昔、悪者代表のように名指しされていた成分が「パラベン」
「パラベンフリー」と、わざわざ表記されていることも珍しくありません。

〇%でラットが死んでしまうとか・・・
まぁ、体にいいものでないのは確か。

でも?
天然エキスだって、そのまま体に塗れば負担になります。
配合割合は法律で決められていますから、それを守っている分には問題がないと思います。


「防腐剤はいけないもの?」
という問題。

答えから言えば
「必要なもの


パラベンフリーを謳う商品にも、防腐剤は入っています。
防腐剤不使用の商品も出ていますが、中身を見ないと・・・・ちょっとコワイ。

腐らない原料を使っているものも

腐らない原料って・・・?
つまり、シリコン製の合成ポリマーです
無添加系のぷるぷるゲルにありがち 

ポリマーを肌に摺りこむくらいなら、防腐剤が入ったコスメの方がまだいいように思います。
パラベンは少量で効果を発揮できるすぐれものでもあります。


ただし・・・・
浸透するコスメは別!

やっぱりここでも問題になってしまうのが、合成界面活性剤

浸透するコスメは、肌のバリア機能を壊して美容成分を肌の奥まで浸透させてくれます。
肌はふっくらと潤い、シワが消えることも。

でも?
美容成分とともに浸透したパラベンはどうなるのでしょう

法令で決められた使用量も、肌のバリア機能・・・つまり、ツラの皮一枚に使うことを前提に決められているはず。
バリア機能を壊した肌への影響はどうなるのか。
この不安は、パラベンに限らず、他の科学物質でも同様のことが言えると思います。


参考記事
化粧品を腐らせたこと、ありますか?







 カテゴリ
 タグ
None