然なら安全というわけではありません。

実際、濃いローズオイルで肌が赤くなってしまったことがありました。
アレルギーをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
少し前には、小麦由来の原料が話題にもなりましたっけ。

それとは別に、「毒性」のある成分もあります。

光に反応すると、肌に害をあたえてしまう。
柑橘類に多く含まれている「フロクマリン」という成分には注意が必要です。


・・・と、この内容は、過去記事でも何度か書いてきたこと。
天然=安全は思いこみ!光毒性のある天然成分


そうすると・・・ですね。

柑橘成分の成分が入っているもの全部を「危険」と誤解されてしまうことがありまして

そんなとは全くありません

レモンやグレープフルーツなどは、割合が少なければ問題なし。
最近では、「フロクマリンフリー」の加工もされています。

ビターオレンジにいたっては、全くのぬれぎぬで・・・
「オレンジ花油」(ネロリ)や蒸留水の「オレンジ花水」(ネロリ水)には光毒性はありません。

このあたりのことも、ネオナチュラルさんは詳しく説明してくれています。

光毒性(ひかりどくせい)について



こういった説明があるのも、さすがネオナチュラルさんです。


柑橘系の香りは癒し効果も高い成分。
くれぐれも誤解のないようにお願いします。



 カテゴリ
 タグ
None