添加はあたりまえ。

お値段が安くなければ、使い続けるにも限界があります。

安いのに、しっかり潤う。
べたつかない。
肌がきれいになる。

馬油とホホバのブレンドオイルは、最高級の組み合わせ!

たくさんのオイルを使ってきた私も、これは迷わずリピ。
我が家で1番多く使用しています♪

ネオベビー ベビーオイル
neobaby ベビーオイル


neobaby ベビーオイル 全成分
馬油、オリーブ果実油、ホホバ種子油*、ルリジサ種子油*、キダチアロエ葉エキス*、ラベンダー花/葉/茎エキス*、ローマカミツレ花エキス*、ラベンダー油*、トコフェロール
(キャリーオーバー成分もすべて表示しています)
※素材名の後ろに*印が付くものはオーガニック成分です

ベビーオイルだから物足りないんじゃ・・・と、思うかもしれません。

でも、そんなことはなくて。

優しいだけなら、使う意味はありません。

そもそも、ベビーオイルが肌に優しいなんて、勝手な思い込み。
市販の物は、ミネラルオイルが主成分だったりします。
低刺激なのはいいのですが、肌の健康を促すかどうかは考え物です。


話はそれましたが、「効果」の話に戻ります。

ネオナチュラルさんには、元々「ボタニックオイル」がありました。
でも、椿油をベースにしたこちらは保湿力に劣り、正直「悪くない」と思う程度。

また、ベビーオイルと同時に発売された「ママオイル」はヒマワリ種子油がベースで、こちらも保湿力はイマイチ。
香りがよくべたつかないので、好みの方もいるかもしれません。
夏にはいいでしょう。

でも!
乾燥期の保湿として効果を求めるなら、ベビーオイルの方が上

ベビーオイルは少量でよくのびます。
うす~く肌に伸ばしただけで、しっかり潤う。
そして、そのうるおい持続する。

夜に塗れば、朝、唇までカピカピ感が現れません。


とにかくいい!

もちろん、抗酸化力を加味すれば、「フルーティア オーガニックス ザ・セラム」の方が上です。
肌の回復を促し、ニキビにも使えるほどのオイルはこれだけ。

まぁ、お値段がお値段なので・・・・

そうそうフルーティア オーガニックス ザ・セラムばかり買えませんから、このベビーオイルを併用しています。
他の高級オイルに負けない保湿力なのに、100mlで3,000円を切るお値段は破格です


きちんと潤うベビーローションも合わせて、かなりお気に入り。

ネオナチュラル ネオベビー2
neobaby ベビーローション 全成分&使用感

初めての方には、お得なスターターセットもありますよ。
オイルが20ml入りと、かなりたっぷり♪

ネオナチュラル ネオベビー
ネオナチュラル neobaby



成分良好、100%天然素材、COSMOS認証取得

これ以上安心なものを探すのが難しいと思えるほど。

成分に惹かれて試してみましたが・・・
理屈うんぬんでなく、本当に肌の調子がいい


1つだけ困っているのは、「赤ちゃん用」と誤解されること。
友人に話してみても、見た目だけで敬遠されることもしばしばです。

良質成分でシンプルだから、赤ちゃんにも安心して使えるというだけで、アラフォー肌にも、中学生の娘っちにも、しっかり効果はあります。

見た目の印象で判断しないでほしい。
良質の物は肌質を選びません









参考記事
オーガニック入浴で全身のスキンケアを

 カテゴリ
 タグ
None