につけるものと違い・・・

シャンプーの成分ばかりは「成分」だけで選ぶことはできません。

安心にこだわれば、ノンケミカル、無添加などにたどり着きます。
一番いい物は、「石鹸シャンプー」でしょう。

ところが。

石鹸シャンプーは、肌には優しくても、髪には優しくない!
キューティクルが開いてキシキシになる!!
初めて使ったときは、驚いて投げ捨てたくなったほど
キシキシになったオーガニックシャンプー

仕上がりもパサつき、不満いっぱい。
髪がからまって、かえって抜け毛が増えたこともありました。
使い続ければ慣れるのですが・・・
そこまで我慢する必要も無いでしょう。

そこで、使用するようになったのが、「ノンシリコンシャンプー」

合成ポリマーでコーティングをしないもの。
化粧品でも合成ポリマーが大嫌いな私は、大いに気に入りました。

ところが。

ここでも問題発生!

ノンシリコンと謳っても、「ノンシリコンだけ」という物も多いんです。
シリコン以外のコーティング剤は使っている。
コンディショナーにはシリコン入り。
洗浄成分は、台所洗剤と変わらない強さ。
ブームにのっかっただけ
売り方を知ってる物が売れる


そこで、洗浄成分でも判断しようとしたのですが・・・・

これが本当に難しい。

手元の事典を見れば、合成界面活性剤はひとくくりで
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典

専門家ではないので、合成界面活性剤の危険度分けなんて、できるはずもありません。

かろうじて分かるのは、○○系という程度。

それを基準に、値段と使用感を考えてみました。
確かに・・・アミノ酸系洗浄成分と言われる物は、使用感がよく、値段も高い。


それと引き換え、悪玉のように指摘されているのが「ラウレス硫酸系」の洗浄成分。

これが、天然素材からも作られるから難しい。

う~ん

それにこだわると、「いい」と思っていた天然素材のシャンプーですら否定してしまうことに・・・
そんなに悪い?「ラウリル硫酸Na」


あれこれこだわると切りがありませんが、
安全性と仕上がりを考慮して、今では、「ノンシリコン」「アミノ酸洗浄成分」を中心に使用しています。



参考記事
戻ってくるのはやっぱりここ「完全無添加ハーブ水」
さくらシャンプーが優秀すぎる!



 カテゴリ
 タグ
None