外線は肌トラブルの元。

シミを作るだけでなく、シワを作る原因にも・・・!
肌の奥に培われていくダメージは「焼ける」こと以上に深刻です。

通年で紫外線対策を

スキンケアを心がけるなら、もはや常識。

でも・・・
日焼け止めは肌荒れする

私もそうでした。
塗った部分は必ずニキビができていましたっけ。

だから、日焼け止めを使わない・・・!?

というのはナンセンス。
浴びた紫外線の害は蓄積されていきます。
できてから後悔しても遅い
対策不足でできたシミへの後悔


上手く紫外線対策をしたい。
日焼け止めで荒れてしまう主な原因を考えてみました。

<日焼け止め自体が合わない>

日焼け止めの役割上、肌に負担がかかる成分が多いのは仕方のないところ。
紫外線カット効果と美肌効果の成分は一致しません。
その中でも肌に負担が少ない物を選ぶには?
成分チェックは絶対に必要です。
成分チェックを習慣に


<使い方が間違っている>

これは非常に多いです。

・肌に刷り込むように塗る
・洗いざらしの肌に塗る
・きちんと落とさない


思い当るフシはありませんか?
「美容液のような」と書かれている広告も、それは肌への優しさをアピールしただけのこと。
美容液ではありません!

日焼け止めを肌にのせる前に、ワンクッションを。
化粧水、オイル、シルクパウダーなど色々あるでしょうが、とにかく洗ってすぐの無防備な肌に日焼け止めを直接使うのは止めたい。

また、使用後はすみやかに落とす。
「石鹸で落ちる」タイプでなければ、メイクをしていなくてもクレンジングが必要です。


<肌そのものが弱っている>

乾燥期を抜けたばかりの肌は無防備です。

きちんと油分と水分の補給を。
乾燥を感じなくても、油分の補給は必要です。


日焼け止めは「必要悪」
過度な期待を持たず、うまく使ってほしいと思います。


参考記事
99%ではダメなんです。本気の紫外線対策なら「完全遮光」日傘
100%天然SPF50 PA++++ ECOCERT認定 琉白 月桃UVクリームがすごくいい!

 カテゴリ
 タグ
None