焼け止めは必要悪。

日焼け止めで肌荒れをしたことはありませんか?
通常の日焼け止めは、ポリマーをべースに紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を配合して作られています。

それらの成分は、決して肌の健康を促してくれるものではありません。

こんな風に塗り込んだりするのは論外。

クリーム2

肌に塗り込んだところで、効果がUPするわけはありません。
それどころか、肌をこすってしまうので、シミの原因にも

トントンと軽く、肌全体にのせるようにのばすように使いましょう。


また、ポリマーがベースのため、通常の日焼け止めを落とすにはクレンジングが必要です

おそらく、日焼け止めによる肌荒れの一番大きな原因はこれ。
私もそうですが、メイクをしなければクレンジングなんてする必要はないと思っていました。

石鹸で洗うだけでは、肌に残ってしまう。
特別なウォータープルーフならともかく、普通の日焼け止めには「クレンジングで落としてください」なんて注意書きがありませんから、知らないのも当然だと言えるかもしれません。


これは、「○○配合美容液ファンデ」のような物も同じこと。
「スキンケアする日焼け止め」のようなイメージで売られている商品でも、美容成分が配合されているだけで、ベースは同じです。
きちんとクレンジングで落とすことを心がけてください。


さらに、日焼け止めで気を付けたいことがもう1つ。

日焼け止めを選ぶ際、SPF値はどういった基準で選んでいますか?

むやみにSPF値の高い物を選んでも、かえって肌の負担になるだけ。
数値を基準に選ぶより、こまめに塗り直しをした方が効果的です。

そう・・・
塗り直し。

意外に、外出先に持って歩かない方って多いみたいですね。
汗や皮脂に崩れてしまっては、日焼け止めは効果を発揮してくれません。


ポリマーが嫌いな私は、「石鹸で落ちる」ことを基準に日焼け止めを選んでいます。
そういった物を選ぶことで、肌への負担は大幅に減りました。

外出先での塗り直しには、メイク直しもできるUVパウダーを使用。
これがあかなり便利です。


・・・・とは言っても、肌にいい物でないことは確か。
帰宅後は、きちんと洗顔で落とすことを忘れないようにしたいと思います



参考記事
一番優秀だと思う日焼け止め






 カテゴリ
 タグ
None